『M‐1』優勝・マヂカルラブリー、『スッキリ』出演に喜び 「最下位と優勝で来れた」

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
https://img.sirabee.comsirabee.com
20日放送された漫才の祭典『M‐1グランプリ2020』(テレビ朝日系)。個性あふれるネタで5,081組の頂点に立ったのは

だった。翌21日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)でネタを披露し、「3年前の雪辱を晴らした」心境を吐露した。
◼最下位と優勝
決勝戦ファーストラウンドではおいでやすこがの658点に次ぐ、649点で2位。最終決戦で3票を獲得して優勝を飾ったマヂカル。2017年大会では屈辱の最下位だった彼らの逆転劇にお笑いファンから感動の声が殺到していた。
最下位後に『スッキリ』で密着されたマヂカルは、「最下位と優勝で来るとは思わなかった」と同番組出演への喜びを隠せない。そこから『M‐1』の舞台裏や本音を赤裸々に語っていく。
関連記事:

◼要因は「世の中の変化」
MCの加藤浩次が「なんなのかな? テイストは3年前と変わってないじゃん」と尋ねると、野田クリスタルは「やってることは変わんないですけど、世の中が受け入れてくれるようになった」と時代が変わったと分析する。
接戦だったとの指摘に「正直、誰が優勝してもおかしくなった。票を入れづらいコンビだったけど、おいでやすこがさんも(ピン芸人同士の急造コンビだったため)票を入れづらいコンビだからウマいこといった」と熱弁した。
◼本音を爆発
流れや空気もあるため「トリが見取り図だったらヤバかった」と出演順にも恵まれたと強調。相方の村上とともに「いろいろラッキーだった」と顔を合わせる。最下位からの優勝という逆転劇の心境を聞かれ「見たか、って感じですね。この世に」と野田は叫ぶ。
村上も「『こんなの漫才じゃない』ってめちゃくちゃたたかれましたからね」と自分達の漫才が世間に否定され続けていたと言及、信じ続けてきた自分たちの笑いが世間に通じた喜びをわかちあった。
◼優勝で一変か?
野田はピン芸人No.1を決める賞レース『R‐1グランプリ』でも優勝済みだが、その後もブレークにつながらず不満を吐露してきた。今回『M‐1』とのダブル王者となりたしかな実力を証明したマヂカル。
視聴者からは「朝8時にマヂカルなんて昨日まで考えられなかったがM-1を優勝した途端に全て正義となる」「最下位で呼ばれた3年後に優勝して呼ばれるって凄い。やっぱりM-1は夢がある!」「決戦翌日の朝、情報番組でネタ披露する時間は毎年最高だよな余すとこなく幸せ空間過ぎる」と多くの感想が寄せられていた。
(文/しらべぇ編集部・

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2021年最新版】コストコで買いたいおすすめ商品15…
    chanyama
  2. 2【楽天スーパーセール】次回はいつ?最大44倍ポイント還…
    t0shi_22
  3. 3オリジン弁当のおすすめメニュー25選!お弁当から惣菜ま…
    いけち
  4. 4【2021最新版】業務スーパーのおすすめ人気商品13選…
    chanyama
  5. 5【2月26最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  • aumo
  • 『M‐1』優勝・マヂカルラブリー、『スッキリ』…