Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金っていくら?改定後の手数料や仕組み

    Uber Eats(ウーバーイーツ)は注文した商品を配達パートナーが家まで届けてくれる便利なサービスです。そのため支払う料金は商品以外にも「配送手数料」や「サービス料」など、別途必要になります。今回はそんなUber Eatsでかかる改定後の料金や、お得に注文できる情報を徹底解説します!
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    この記事の目次

    Uber Eatsクーポン最新情報をチェック!初回限定の1,000円OFFクーポンを配布中

    あわせて読む
    【4月9日最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)のお得なク…

    Uber Eatsで支払う商品以外の料金や仕組みを解説

    Uber Eatsは配達パートナーが注文した商品を届けてくれるので、ご飯を作るのが面倒なときや天気が悪い日にはとても便利なサービスです。ただ料金は商品代金だけでなく「配送手数料」や「サービス料」が別途かかるので、料金改定後のUber Eatsの料金はどのような仕組みなのかを解説していきます。

    配送手数料がかかる

    Uber Eatsでは注文した料理を運んでくれる配達パートナーに支払われる料金、「配送手数料」が注文時に必ず発生します。

    配送料は届け先からレストランまでの距離や、配達できるパートナーの数によって変動していく仕組みです。同じタイミングで注文する人が増えると値段が高くなるので、注文が集中する12:00~13:00のランチタイムやお店がディナーで込み合う時間帯の注文は配送手数料が高い傾向です。

    ただUber Eatsのキャンペーンやクーポンで配送手数料が無料になることがあるので、上手く活用すればお得に注文することが可能です。

    サービス料がある

    Uber Eatsは「配送手数料」の他に「サービス料」が別途で発生します。注文しているエリアや配達パートナーの状況によっても変動していきますが、概ね5%か10%の場合がほとんどです。ただレストランの従業員が直接配達される場合は料金は請求されません。

    少量注文の際は別途に手数料がある

    Uber Eatsは最低注文料金の設定がなく、1円から注文可能です。低価格な商品を1つから注文することができます。ただ注文料金が700円未満だった場合、一律で150円の手数料が発生します。1日に何度も少量で注文すると損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

    Uber Eatsの料金や送料はどうやって決められている?

    届け先までの距離

    Uber Eatsでは一律380円の送料でしたが、2018年11月26日より距離ごとに変動する仕組みへと変更しました。レストランと届け先が近いほど安くなったり、混雑状況によっては逆に高くなったりするので、注文する時間帯や距離を意識しながら注文するのがおすすめです。

    お店ごとで送料が変わる

    Uber Eatsは2019年4月9日(火)より配送手数料を改定し、各お店ごとに異なる配送手数料になりました。例えば同じ系列のお店でも配送手数料が300円のところもあれば、200円のところもあります。注文エリアやレストランまでの距離で変動していくので、注文する前に必ずチェックしておきましょう。

    地域によって変動する

    Uber Eatsでは住んでいる地域によって配達パートナーが少なかったり、Uber Eatsに対応しているお店がなかったりするので、地域によって送料が異なります。

    例えば2020年11月の渋谷区の送料は約50円~400円、千葉市の送料は約150円~400円でした。配達パートナーが多く、Uber Eatsに対応している店舗が多い都内では料金の幅広いのが特徴。ただ時間帯やお店によっても料金は変わってくるので、注文の際は確認しておきましょう。

    天候によって左右される

    Uber Eatsに限らず、フードデリバリーサービスは天候が悪いと配送手数料が高くなる傾向があります。家や建物から出ない人が増え、ランチやディナー時に注文が殺到し配達パートナー不足になるからです。そのため悪天候の日は配送手数料が500円以上になったり、配達できなかったりする場合もあります。

    悪天候の日にUber Eatsを使いたい方は、ランチやディナーなどの時間帯をずらして注文するのがおすすめです。

    Uber Eatsと他のフードデリバリーサービスの料金を比較

    ここではUber Eatsを含む、フードデリバリーサービスの料金を比較してみました。各サービスによって配送手数料や最低注文料金が異なりますが、Uber Eatsは配達スピードが速くアプリが使いやすいので、すぐに注文できるところがおすすめです。自分の用途にあったサービスでデリバリーを楽しみましょう。

    Uber Eatsを含むフードデリバリーサービスの料金比較表

    配送手数料最低注文金額
    Uber Eats50円~なし
    (700円未満の場合150円の手数料)
    出前館0円~420円店舗によって異なる
    menu300円~店舗によって異なる
    fineDine商品の10%2,000円~
    LINEデリマ200円~店舗によって異なる

    Uber Eatsを実際に注文してみた

    今回注文したのはケンタッキー・フライド・チキンの「Uber Eatsセット」650円。夕方の時間帯で「配送手数料」300円と「サービス料」65円、「少額注文における手数料」150円と「ご支援(チップ代)」58円で合計1,223円でした。注文してから配達までちょうど10分ぐらいだったので、この配達スピードの速さもUber Eatsの魅力です。

    Uber Eatsで支払う料金をお得にする方法

    クーポンを使う

    Uber Eatsでは随時お得なクーポンの配布やキャンペーンを開催しています。Uber Eats独自の割引クーポンや、対応店舗とのコラボキャンペーンまで様々です。全国チェーンの店舗は割引や配送手数料が無料になるキャンペーンを頻繁に行っているので、タイミングを見て活用するとお得に注文できます。

    値引きされているお店で注文する

    Uber Eatsではお店を探している際、右上に長方形のタグがある店舗があります。そのタグはお店独自の割引やクーポンなので、このタグがある店舗で注文するとお得にデリバリーできます。「1つ頼めばもう1つ無料」や「1,000円以上で100円オフ」など、時間帯や店舗の状況に合わせて様々な割引があるので、ぜひ活用してみてください。

    配送手数料が安いお店から注文する

    Uber Eatsではお店ごとに「配送手数料無料」や「50円で配達」など配送手数料がお得になっている場合があります。ランチタイムや混雑しているディナータイム以外だと利用できることがあるので、アプリでチェックしておくとお得にデリバリーできておすすめです。

    Uber Eatsの料金はクーポンや値引きでもっとお得になる!

    Uber Eatsは注文した商品を配達パートナーが届けてくれるので、商品代金の他に「配送手数料」や「サービス料」が別途必要になります。混雑時や悪天候の日は手数料のほうが商品より高くなってしまうこともしばしば。

    Uber Eatsで注文する際は、随時配布しているお得なクーポンや値引きされているお店で注文するのがおすすめです。Uber Eatsでかかる料金の仕組みを知っておけば、もっとお得に商品を注文できるので、この記事を参考に是非利用してみてください。

    また今なら初回限定で使えるの1,000円オフのお得なクーポンを配布しているので、ぜひ下のリンクから利用してみてください!
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    ※掲載されている情報は、2021年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

    人気記事ランキング

    1. 1【2021年最新版】コストコで買いたいおすすめ商品20…
      chanyama
    2. 2【4月9日最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
      chanyama
    3. 3【最新】Netflixの料金プランを解説!プラン変更や…
      Nalumi_uyu
    4. 4【4月最新】マイナポイントとは?お得なキャッシュレス決…
      kabutan
    5. 5【2021】ミスド食べ放題を徹底解説!実施店舗からメニ…
      Nalumi_uyu
    • aumo
    • Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金って…