【一度は訪れたい絶景】まるでアラジンの世界。華麗さを誇る「イマーム広場」とは

様々な美しい光景が眠る国、イラン。紀元前3000年から文明が発達していたと言われるその地には、多くの世界遺産が存在する。今回は、”世界の半分”とも言われる、都市イスファハーンにつくられた「イマーム広場」の魅力に迫る。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

色鮮やかなペルシャ建築

”イランの真珠”や”世界の半分”と言われ、かつては王の広場と呼ばれていた「イマーム広場」。

16世紀末から17世紀初頭にかけて、都市”イスファハーン”の中心としてつくられた広場だ。
これこそ、まさにペルシア建築の完成形である。

壮大な広場の周りには、モスクや回廊が配置されており、美しい景観を創出している。

青い空と青いモスクに魅せられて

建造物に施された、豪華絢爛なタイルは見ものである。
ユネスコの世界遺産にも登録されている建造物の中でも、圧倒的存在感を誇るのが「イマーム・モスク」だ。(参照:ユネスコHP)

広場の南側に建てられたこのモスクの内部は、美しい文様のタイルで覆いつくされている。
華麗に装飾された空間は、上品な美の姿を放っており、見る者の心を一瞬にして奪う。

様々な表情を見せてくれる世界遺産

日中の広場は、青空に色鮮やかな建築が映えており息を呑む美しさである。

しかし夜になると、イマーム広場はライトアップされ、また異なる表情を見せてくれるのだ。
派手に飾り上げたライトアップではなく、元の気品を損なわない光の装飾に、いつまでもその場所に居たいと思わせる華やかさが存在する。

歴史を感じる世界遺産「イマーム広場」を、ぜひ訪れてみてはいかがだろうか。
イマーム広場

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1だから横浜はハズせない。気軽に立ち寄れる、神奈川で話題…
    aumo編集部
  2. 2手持ちパフェがアツい♡大阪の写真映えテイクアウトパフェ…
    akane.h.0430
  3. 3「焼肉安安」でお得な【春のタンまつり】が開催!春一番の…
    aumo Partner
  4. 4【スタバ】元店員が伝授するおすすめのスタバマイタンブラ…
    mhp120
  5. 5【2020年3月】東京の人気ホテルランキング!おすすめ…
    j16_f
  • aumo
  • 中東
  • 【一度は訪れたい絶景】まるでアラジンの世界。華…