軽量で折りたためて便利なノイズキャンセリングヘッドホン、「Creative Zen Hybrid」!その特長とレビューについてご紹介

今では様々な種類のヘッドホンが展開されています。その中でも今回はaumo編集者おすすめの「Creative Zen Hybrid」についてご紹介!「Creative Zen Hybrid」は機能面の充実度からコスパの高さが光る商品です。今回はそれらに加えて、実際に使ってみたユーザーのレビューについて詳しくお伝えします!
提供:Creative Zen Hybrid
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

「Creative Zen Hybrid」とは?3つの特徴をご紹介

クリエイティブメディア株式会社
「Creative Zen Hybrid」はPCエンターテイメント製品におけるリーディングカンパニー「Creative」が手掛ける、最新のヘッドホンです。大きい特長として、以下の3点が挙げられます。

  • アクティブノイズキャンセルとアンビエント(外音取り込み)機能
  • 折り畳み可能でどこにでも持ち運び便利
  • 充実のバッテリー容量


次項でこれらの特長について説明していきます。

1. アクティブノイズキャンセルとアンビエント(外音取り込み)機能

クリエイティブメディア株式会社
「Creative Zen Hybrid」は、2種類のノイズキャンセル機能を搭載したハイブリッド型のアクティブ ノイズ キャンセリング(ANC)を備えたワイヤレス ヘッドホンです。

ボタンを1つ押すだけで、ノイズキャンセル機能を起動可能。また、外音取り込みモードもボタン1つで起動可能なのでヘッドホンを外さずとも外部の音を取り込めます。

このハイブリッドANCは周辺ノイズを最大95%低減させるので、旅行や通勤通学の際、外部のノイズを気にせずに音楽を楽しむことができます。また、電車内のアナウンスを聞く際は、外音取り込みモードが使えて便利です。(※"Creative Zen Hybrid公式HP"参照)

2. 折り畳み可能でどこにでも持ち運び便利

クリエイティブメディア株式会社
ヘッドホンというと、一般的にはかさばる、旅行等には持っていきづらいというイメージがあります。しかし、この「Creative Zen Hybrid」は、コンパクトに持ち運びができるよう、3wayの折り畳みデザイン設計になっています。

持ち運びに便利な収納用のポーチも付属しているので、ちょっとしたおでかけから長期の出張、旅行に至るまで、いろいろな場所へ一緒にお出かけ可能。

3. 充実のバッテリー容量

「Creative Zen Hybrid」はANCオンで最大27時間、ANCオフで最大37時間の連続再生が可能と、充実のバッテリー容量を誇るので、旅のお供にぴったりです。(※”Creative Zen Hybrid公式HP”参照)

また、案外見落としがちなアナログケーブルが使える点も見逃せません。電池残量がなくなったり、長時間利用時に内蔵電池を消費したくない場合に便利です。

実際に使ってみた!気になるそのレビューは?

付け心地

aumo編集部
まず、「Creative Zen Hybrid」を筆者が使用してみた、付け心地の面でのレビューを紹介します。

コンパクトに折りたためる設計で、持ち運びを意識している商品ですが、耳にあたる部分はふかっとしたクッション性のある素材がつけられています。なので、耳に触れた時の違和感は特に感じません。

もちろん、ヘッドホンなので多少の圧迫感はありますが、音がしっかり伝わり、装着感も包み込まれている感覚があって、とても使いやすい印象です。

持ち運びやすさ

aumo編集部
次に持ち運びやすさ。

基本的に筆者は移動が多く、かさばりがちなオーバーヘッドタイプのヘッドホンを使うことはあまりありません。しかし、「Creative Zen Hybrid」は先の特長にも記載したように3wayの折畳に対応するデザインが採用されています。

オーバーヘッドタイプのヘッドホンはそれなりのサイズがありますが、Creative Zen Hybridは内側に折りたたむことで比較的小さいサイズにまとめられます。この収納能力ならカバンの中にすっぽりと納まりますので、お出かけ先にも持って行くのも苦になりません。
     
完全ワイヤレスイヤホンも小さくて便利ですが、移動中に失くしてしまい、旅の途中から使えないなんて事も。そんな時はオーバーヘッドタイプ。音楽を聴かないときは、首にかけて移動できるので便利です。

音質

aumo編集部
なんといっても、ヘッドホンとして気になるのが音質。

実際聞いてみると、重低音がしっかりと感じられ高級感ある印象。しかし、高音や低音が特徴的すぎて聞いていて疲れるということは全くありません。ヘッドホン入門としても「聞きやすい」商品といえるのかも。

遮音性

aumo編集部
この商品の特長でも挙げた遮音性についてです。

ノイズキャンセルの機能を使うと、明らかに静かになったことがはっきりとわかります。ボタン1つでしっかりと外部の音を遮断できているのを感じられました。人が多いカフェ等で利用してみると完全に無音にするという形ではなく、ちょっとした話し声は聞こえてきます。
しかし、筆者としては、ほぼほぼ遮断してくれているので、静けさを感じられました。

これなら電車、バス、そしてaumoユーザーが良く使う新幹線や飛行機等の手軽なノイズキャンセルヘッドホンとして利用価値が高まる期待も!
なおアナログケーブルでもハイブリッドANCが利用可能なので、飛行機の機内サービスで映画や音楽もノイズを消して楽しめます(※)。

※飛行機によっては、変換アダプタが必要な場合があります。

新しくヘッドホンを買うなら「Creative Zen Hybrid」がおすすめ!

aumo編集部
今回は機能面と価格面のコスパが高い「Creative Zen Hybrid」についてご紹介してきました。

低コストにも関わらず高機能な「Creative Zen Hybrid」はヘッドホン初心者におすすめ。旅行時のみでなく日常使いにも適しているため、自分の身の回りのサウンドをより充実させる素敵な相棒になるのではないかと思います。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2022年08月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2022年10月7日

  1. 1【2022年10月最新】コストコで外せないおすすめ商品…
    chanyama
  2. 2【比較16選】マイナポイントはどの決済がお得?おすすめ…
    kabutan
  3. 310月7日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  4. 4レターパックはコンビニで購入できる!発送方法や値段も解説
    k__
  5. 5【2022年10月】ミスド食べ放題の実施店舗はどこ?メ…
    Nalumi_uyu
  • aumo
  • 家電
  • 軽量で折りたためて便利なノイズキャンセリングヘ…