ウォーターサーバーの電気代っていくらかかる?人気の11社比較と節約方法

    ウォーターサーバーの電気代はどれぐらいなのかを徹底比較!平均はどのくらいなのか、節約するにはどうしたらいいのかなど、ウォーターサーバーを導入する前に知っておきたいことをまとめました。気になる電気代はもちろん、そのほかにかかる費用まで幅広く解説していきます。
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    この記事の目次

    ウォーターサーバーの電気代っていくらかかる?

    毎月約500円~1,000円かかる

    ウォーターサーバーの電気代は平均だと約500円~1,000円が相場ですが、メーカーやサーバーの種類によって異なります。ウォーターサーバーは美味しい水が飲めるのはもちろん、お湯がいつでもすぐに使えるのが魅力。電気ポットを使用している方もいらっしゃいますが、1か月にかかる電気代はウォーターサーバーとほぼ変わらないといわれています。

    美味しい水とお湯をいつでも両方使えることを考えると、電気代が変わらないウォーターサーバーの方がメリットがあるのでおすすめです。

    ウォーターサーバーの電気代を抑える節約方法は?

    ウォーターサーバーの電源は切らない

    ウォーターサーバーの電気代を節約したい方は、ウォーターサーバーの電源を切らないようにしましょう。電源を切ってしまうと、一からお湯を沸かさなければいけないので電気代が高くなってしまいます。
    またクリーン機能付きのウォーターサーバーは、停止してしまうと菌が繁殖してしまう可能性があります。ウォーターサーバーの導入を考えている方は、1度電源を入れたら切らないように心がけましょう。

    省エネのウォーターサーバーを選ぶ

    近年のウォーターサーバーは省エネモードやスリープモードなど、電気代を節約できるウォーターサーバーが多く登場しています。使わない時間帯を省エネモードで稼働したり、寝ている時間帯はスリープモードで静かに稼働したりと様々です。例えばアクアクララが発売している「アクアウィズ」なら、通常のウォーターサーバーよりも45%の消費電力を削減しています。

    ウォーターサーバーの電気代を節約したい方は、こうした省エネのウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。
    あわせて読む
    ウォーターサーバーはおしゃれなデザインで選ぶ!インテリアに合う…

    ウォーターサーバーの前後左右にスペースを空ける

    ウォーターサーバーの電気代を節約するなら、ゆとりのあるスペースに設置するのがおすすめです。ウォーターサーバーは熱を放出するので、狭いところに設置するとサーバーの温度が上がり、水を冷やすため電力を多く消費してしまいます。

    ウォーターサーバーはゆとりあるスペースへの設置を心がけるだけで、放熱効果が高まり電気代を抑えることができるので意識するようにしましょう。

    ウォーターサーバーおすすめ11社の電気代を徹底比較!

    ウォーターサーバーの電気代を人気メーカー11社で徹底比較!近年はエコな機種が多く登場しており、省エネのウォーターサーバーが特に注目されています。電気代を抑えるのはもちろん、より静かに稼働するウォーターサーバーもあるので、ウォーターサーバー選びの参考にしてみてください!

    ウォーターサーバー11社の電気代や月額費用比較表




    ワンウェイウォーターアルピナウォーターアクアセレクト信濃湧水クリクラコスモウォーターフレシャスサントリーうるのんプレミアムウォーターウォーターアクアクララ
    商品画像
    商品名ワンウェイウォーターsmartアルピナウォーターアクアセレクトエコサーバークリクラサーバーSmartプラスdewo天然水ウォーターサーバー高性能スタイリッシュサーバースリムサーバーIII(ロングタイプ)アクアファブ
    電気代約400円約500円約700円約500円約700円約465円約300円約650円約1,000円約460円約800円
    水代金12L:1,250円~12L:1,050円~22.6L:2,900円~11.4L:1,500円~12L:1,460円~12L:1,900円~7.2L:1,155円~7.8L:1,350円~12L:1,898円~12L:2,117円~7L:900円~
    およそ月額費用2,500円~2,100円~2,900円~3,000円~2,920円~3,800円~3,465円~4,507円~2,282円~4,141円~4,800円~
    おすすめする人価格重視の人チャイルドロック重視の人水の品質にこだわる人天然水重視の人コスパ重視の人ボトル交換の楽さ重視の人おしゃれ重視の人温度調整の自由度を重視する人家族で使用することを重視する人省エネ重視の人デザイン性を重視する人
    商品ページ▶公式HPから申し込む▶公式HPから申し込む▶公式HPから申し込む▶公式HPから申し込む▶公式HPから申し込む▶公式HPから申し込む▶公式HPから申し込む▶公式HPから申し込む▶公式HPから申し込む▶公式HPから申し込む▶公式HPから申し込む
    ※このテーブルは左右にスクロールできます。
    ※価格はご覧になる時期によって表示と異なる可能性があります。ご購入の際は必ず公式HPをお確かめください。

    ウォーターサーバーの電気代以外でかかる料金

    ウォーターサーバーは電気代の他にも維持に必要な費用がかかる場合があります。主に
    • サーバーレンタル代金
    • サーバーの設置代金
    • 水の代金
    • 送料
    • サーバーのメンテナンスやサポート代金
    • 解約金

    これらの費用は各メーカーによって異なりますが、ウォーターサーバーの電気代を節約したい!という方は水の代金が安いメーカーを選ぶのがおすすめです。水の代金が安いことで、全体のコストを下げることができ、維持費を節約しながら長くウォーターサーバーを使うことができます。
    あわせて読む
    ウォーターサーバーが安いところは?コスパの高いおすすめメーカー…

    ウォーターサーバーの電気代は節約できる!

    ウォーターサーバーは電気代がかかるのはもちろん、その他のコストもかかってきます。そのためウォーターサーバーでかかる電気代をいかに安く抑えるかが、節約のポイントになります。

    近年では自動で省エネになる「スリープモード」搭載のウォーターサーバーや、静かでエコなウォーターサーバーまで幅広く登場しています。節約しながら美味しい水が飲みたい!という方は省エネのウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    ※掲載されている情報は、2021年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

    人気記事ランキング

    1. 1【2021年最新版】コストコで買いたいおすすめ商品20…
      chanyama
    2. 2【4月最新】マイナポイントとは?お得なキャッシュレス決…
      kabutan
    3. 3【最新】Netflixの料金プランを解説!プラン変更や…
      Nalumi_uyu
    4. 4【4月9日最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
      chanyama
    5. 5【2021】ミスド食べ放題を徹底解説!実施店舗からメニ…
      Nalumi_uyu
    • aumo
    • ウォーターサーバーの電気代っていくらかかる?人…