しっぽりと豪快に「痛風鍋」を堪能!『牡蠣貝鮮かいり』が都立大学に上陸

渋谷と恵比寿の人気店『牡蠣貝鮮かいり』が、遂に都立大学に上陸!落ち着いた空間が広がる都立大学店は家族や友人はもちろん、大切な人とのお食事にもぴったり。名物の「痛風鍋」をはじめとした、贅沢なお料理に舌鼓を打つ幸せな食事体験をお楽しみください。
提供:都立のかいり
この記事の目次

駅近にひっそり佇む隠れ家の居酒屋

Rio_mar
東急東横線「都立大学」駅から徒歩1分の好立地に『牡蠣貝鮮かいり』が上陸したとの噂を聞きつけ、早速足を運んできました。冬は少し歩くだけでも寒さを感じるので、駅から近いと嬉しい!

高架線の下を歩くこと100mほど。最初の曲がり角を左折すると、牡蠣貝鮮かいりが入っているビルに着きます。
Rio_mar
階段奥のエレベーターに乗り込み、いざ『牡蠣貝鮮かいり』がある5階へ!5階へ着くと暖簾がお出迎えしてくれます。暖簾をくぐると、そこにはシックながらもどこか落ち着く空間が広がります。
Rio_mar
Rio_mar
カウンター席はスタッフと会話を楽しめる特等席!お料理のおすすめを聞いたり、料理に合うお酒を教えてもらったり。スタッフとの距離が近いカウンター席はコミュニケーションをたくさん取れて、より思い出に残る時間になりそうです。
Rio_mar
シックながらもアットホームな雰囲気があるので、家族や友人はもちろん、大切な人との食事にも使えそうな予感。実際に訪れてみて、思わず何度も足を運びたくなるポイントを見つけたのでご紹介していきます!

今しか味わえない 季節の"旬モノ"たち

Rio_mar
メニューを開くと、まず目に留まるのは手書きで記された本日のおすすめメニュー。この日は、まさに"冬の酒のつまみ"が勢揃い!早くも1ページ目から、ページをめくる手が止まってしまい、しばらくメニューとにらめっこしてしまいました。
Rio_mar
毎回全くの同じラインナップではなく、日によってちょっとだけお品書きが変わるのも通いたくなるポイント。

時節に合った"旬モノ"をいただけます。何を頼めば良いか迷ってしまったときは、店員さんに聞いてみると吉。自分の好みとお店のおすすめの品を加味してくれて、その時の気分に合ったお食事をいただけて大満足でした!

まずは前菜でウォーミングアップ

Rio_mar
「牡蠣貝鮮かいり」といえば、"アレ"が有名ですが、お食事にもウォーミングアップが必要。まずは前菜からいただきます!

おつまみの定番!「ポテトさらだ」

Rio_mar
前菜の定番、おつまみのレギュラーメンバーとも言える「ポテトさらだ」は迷わずオーダー!ごろっとしたじゃがいもに絡みつくマヨネーズで、言わずもがな絶妙なコンビネーション!冷菜なので、オーダーしてからすぐに提供いただけるのもうれしいポイントです。

お酒の手が一気に進む!「お刺身盛り合わせ」

Rio_mar
新鮮なお刺身たちが目下に広がれば、お酒を飲む手は自然に加速してしまいます。引き締まった刺身は、その日のおすすめラインアップでいただけます。

これぞ眼福「生牡蠣」

Rio_mar
新鮮だからこそいただける、『牡蠣貝鮮かいり』の絶品「生牡蠣」。「生牡蠣」はまさに今の時期だからこそいただける、"旬モノ"。そしてこの「生牡蠣」のおどろくべきポイントは、その大きさ!一口では入りきらないほど肉厚な牡蠣は、無類の牡蠣好きの筆者にはたまりません。
Rio_mar
さらに驚くべきはそのお値段。新鮮で肉厚な生牡蠣がなんと418円(税込)。この価格で大きな生牡蠣が食べられるのはとてもお得!リーズナブルに食べられる美味な生牡蠣は要チェックです!

『牡蠣貝鮮かいり』に来たらやっぱり「痛風鍋」

Rio_mar
いよいよ『牡蠣貝鮮かいり』の代名詞とも言える「痛風鍋」を実食!あん肝を溶かした合わせ味噌が染み込んだ具材たちはどれも濃厚で、満足感たっぷりです。見た目のインパクトだけでなく、味のインパクトもある贅沢鍋がここにあり!
Rio_mar
そしてここで「痛風鍋」に合うという、店員さんおすすめのお酒をいただくことにしました。そのお酒はなんと、ワイン!?鍋にワインという、新しい組み合わせです。本当にお料理と合うのだろうか…と半信半疑でいただくと…美味しい!
Rio_mar
ここのワインは赤でも白でもお鍋と合うのです。白ワインは料理を旨味を引き立ててくれて、赤ワインは料理の味をより濃厚に楽しめます。

鍋とワインというお洒落で新しい組み合わせ!『牡蠣貝鮮かいり』に訪れたらぜひトライしてみてください。

もちろんお鍋の〆も欠かせません

Rio_mar
忘れてはいけないのがお鍋の〆です。濃厚なスープの〆の美味しさは、オーダーする前から確信してしまうほど。麺かご飯か迷いましたが、今回はご飯の〆をオーダー。一粒一粒に贅沢にスープが染みこんだお米は、ゆっくり噛みしめて味わいたくなる美味しさです。
Rio_mar
お鍋の〆をいただいている時間は、幸せな時間そのもの。お鍋の〆にも、飲み物はワインがおすすめです。『牡蠣貝鮮かいり』の鍋の〆は、オーダー必須と言っても過言ではない一品。

『牡蠣貝鮮かいり』で過ごす幸せ時間をご体感あれ

Rio_mar
『牡蠣貝鮮かいり』は、店内の空間含め幸せな食事体験ができるお店。「都立大学」駅という落ち着いた場所に位置しているので、隠れ家感があり、落ち着いて食事を楽しめます。

家族や友人だけでなく、大切な人とのお食事にもぴったりなディナースポット。しっぽりと食事をしたい時はぜひ訪れてみてください!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2023年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2023年2月9日

  1. 1【2023年2月最新】コストコで外せないおすすめ商品6…
    chanyama
  2. 2【Qoo10メガ割】2023年次回開催はいつ?お得なク…
    ytim09
  3. 3【比較21選】マイナポイント紐付けにおすすめの決済サー…
    kabutan
  4. 4【2023年2月】ミスド食べ放題の実施店舗はどこ?メニ…
    Nalumi_uyu
  5. 52月8日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)のお…
    chanyama
  • aumo
  • しっぽりと豪快に「痛風鍋」を堪能!『牡蠣貝鮮か…