新社会人は保険に入るべき?おすすめの選び方や種類まで解説

    新社会人は保険に入るべきなのか、メリットや選び方とあわせて解説します。保険に未加入のままでいると不測の事態が起きたときに、経済的な問題を抱えるかもしれません。社会人として生活するうえで、備えるべきリスクはきちんと理解しておくべきでしょう。新社会人だからまだ保険に入らなくていいと思っている方も、早期加入のメリットについての解説を参考に、検討してみてください。
    提供:ほけんの窓口
    この記事の目次

    新社会人は保険に入るべき?

    ※画像はイメージです。

    新社会人になり新生活をスタートさせるとともに、想定しておくべきなのが自分の身に起こるかもしれない万が一のリスク。そんなリスクに備えておくために、新社会人になったタイミングで検討しておきたいのが保険です。

    一方で、保険に加入するタイミングはいつがよいのか、どういった内容の保険が必要なのか、選ぶことにハードルを高く感じてしまう方も多いはず。また「まだ若いけど、保険って本当に必要なの?」という疑問もわいてくるものです。

    まずは、新社会人が考えておくべきリスクや、保険の種類について解説します。

    新社会人が保険で備えるべきリスクとは?

    ※画像はイメージです。

    社会人になって一人暮らしを始め火災保険を検討する方や、車通勤のため自動車保険を検討する方もいらっしゃるかと思います。そのほか、どのようなリスクがあるのかを知っておくことで、自分に合った保険を選びやすくなります。

    まずは、社会人として生活するうえで発生しうるリスクについて紹介していきます。

    病気やケガのリスク

    ※画像はイメージです。

    第一に考えておくべきリスクは、ケガをしたり病気にかかったりしてしまうこと。高額な入院費や手術費が急に発生した際に、貯蓄だけで対処するのは負担が大きくなってしまいます。特に蓄えが少ない新社会人にとっては、対処するのが難しいといえるでしょう。

    また、ケガや病気により、仕事を長期間休まないといけなくなる場合もあります。万が一のときに備えて保険に加入しておけば、突発的に発生してしまうかもしれない金銭的な負担を抑えられます。

    老後のリスク

    ※画像はイメージです。

    少子高齢化が進む日本では(※)、公的年金だけでは老後の「ゆとりある生活」を送るのは難しいといわれているため、若いうちから老後の資金について考えておくことが大切。

    老後資金とは、セカンドライフの生活費や介護状態になった場合の介護費用、亡くなったときの葬儀費用などが挙げられます。この老後資金はいつからでも貯蓄可能ですが「終身保険」や「養老保険」などの貯蓄型保険は、積み立てる金額に応じて将来受け取れる金額が変わります。

    新社会人でも生活に多少余裕のある場合は、老後のリスクに備えて小額から早めに貯蓄を始めることが大切です。

    "財務省 公式HP"参照

    死亡のリスク

    ※画像はイメージです。

    最後に紹介するリスクは「死亡のリスク」。こちらは早急にリスクに備えるべきというわけではありませんが、特に扶養家族がいる方は考えておくべきリスク。自分に万が一のことがあった際に、遺族が困らないように備えられます。

    「今は扶養家族もいないし必要ない」という方も、結婚や出産のタイミングなど、必要な時期までに検討しておきましょう。

    保険にはどんな種類がある?

    ※画像はイメージです。

    民間の保険会社が扱う、保険の種類は大きく分けて3つ。命に関わるリスクに備える「生命保険」、モノのリスクに備える「損害保険会社」、医療保険や介護保険をはじめとする、生命保険と損害保険に区分されない「そのほかの保険」の、3つの分類に分けられます。

    生命保険終身保険、定期保険、収入保障保険、個人年金保険、学資保険など
    損害保険自動車保険、火災保険、個人賠償責任保険など
    そのほか医療保険、介護保険、がん保険、就業不能保険など

    中でも、新社会人がまず検討するとよいのが「医療保険」。ライフステージにより必要となる保険は異なりますが、病気やケガのリスクは年齢に限らず降りかかることがあります。万が一の入院や手術に備えておくとよいでしょう。

    その次に検討するとよいのが「生命保険」。独身の方でも「死亡してしまったときの葬式代を、家族に負担させたくない」という方は要検討です。また金銭的に余裕がある方は、老後のための資金準備ができる「個人年金保険」も検討するとよいでしょう。

    新社会人のうちに保険に加入する3つのメリット

    ※画像はイメージです。

    万が一のリスクに備えて保険を検討することは大切。でも「自分にはまだ早い」と思う方も多いのではないでしょうか。ですが、保険に早めに加入しておくことで以下のようなメリットがあります。

    1. 保険料が安い
    2. 加入できる保険商品の選択肢が多い
    3. 教育資金を貯められる

    ここからは、新社会人が早めに保険加入するメリットを詳しく紹介します。

    1. 保険料が安い

    ※画像はイメージです。

    若いうちに保険に加入することで、料金を安く抑えられる傾向にあります。

    生命保険や医療保険などの料金は、死亡や入院の確率、年齢、性別によって算出されるため、同一の保険であっても若い方の方が安くなるケースがほとんど。健康状態が良好であるうちに、必要な保険に加入することがおすすめです。

    いつか入ろうと思っている方は、年齢が上がるにつれて保険料が高くなる場合があることを知っておきましょう。早めに保険料を払い始めた方が、⽉々の保険料は安く抑えられます。

    2. 加入できる保険の選択肢が多い

    先ほどあげた通り、若いうちは病気になるリスクが低いです。年齢を重ねると病気になるリスクが⾼いとみなされて、保険料が⾼くなる場合もあります。

    また、保険加入時には、現在の健康状態や過去の傷病歴などを申告する必要があり、場合によっては保険加入できないことや条件が付くこともあるので、自分が入りたい保険を自由に選べるうちに加入しましょう。

    3. 教育資⾦を貯められる

    ※画像はイメージです。

    「学資保険」や「終身保険」などの貯蓄型の保険は、子どもの教育資金の準備をするのにおすすめの保険です。それぞれ加入条件は異なりますが、貯蓄型の保険を選ぶ際には、支払った保険料の合計金額に対して、将来受け取れる金額はどのくらいの返戻率になっているのかが重要なポイントです。

    自分に万が一のことがあったときでも「学資保険」に加入していれば、子どもの進学に必要なお金は確保できます。また「終身保険」に加入していれば、将来の解約返戻⾦を⼦どもの学費に充てることができます。

    家族のために、貯蓄型の保険への早期加入も選択肢の1つとして考えてみてください。

    会社から案内される団体保険(グループ保険)って?

    実際に保険を検討する際、会社から案内される団体保険(グループ保険)を検討してみてもよいでしょう。

    団体保険(グループ保険)とは、会社をはじめとする団体が保険契約者となり、その会社に勤めている従業員と家族を被保険者とする保険です。主に、会社が社員の福利厚生を目的とした保険制度です。

    団体保険(グループ保険)のメリット

    団体保険(グループ保険)のメリットは以下のとおりです。

    • 保険料が個人で加入した場合よりも割安になっている
    • 剰余金があれば配当金として還元される
    • 個人契約よりも健康告知する範囲が少ない場合がある
    • 給与天引きが可能
    • 従業員の家族も一緒に加入できることがある

    団体保険(グループ保険)の注意点

    一方、団体保険(グループ保険)に加入する際には、以下のような注意点があります。

    • 会社を辞めると継続できない場合が多い
    • 契約が1年ごとの更新型であることが多いため、年齢が上がるごとに保険料が上がっていく傾向がある

    保険を検討する際は、団体保険(グループ保険)含め、目的などに合わせて保険を選びましょう。

    お金の使い方や保険については『ほけんの窓口』に無料相談!PR

    ここからは、自分に合った保険に加入したい新社会人や社会人の方におすすめの『ほけんの窓口』についてご紹介いたします。「自分に合った保険に加入したい」「たくさんの保険の中で比較して選びたい」「とりあえず詳しい話を聞きたい」という方は、ほけんの窓口に行ってみましょう。

    ほけんの窓口でできることをご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

    ほけんの窓口を利用すべき人とは

    ※画像はイメージです。

    ほけんの窓口は、自分の納得した保険に入りたい人や保険加入をすると決めたわけではないが保険について気になっている、という新社会人もしくは社会人の方におすすめです。

    20代、30代と年齢によってライフステージが変わることで、加入したい保険が変わる人も多いと思います。加入中の保険が自分に合っているのか不安がある方、将来のことを見据えて保険加入したい方は一人で考えて保険に加入するよりも、専門的な知識を持った人と一緒に保険について考えてみるのもいいかもしれません。

    ほけんの窓口は多くの保険の中からその人に合った保険会社、保険商品を提案してくれるので、気軽に相談できます。

    お金に関する考え方を整理できる

    ※画像はイメージです。

    ほけんの窓口に行くといきなり保険商品を提案されるかというと、そうではありません。

    まずは、将来のライフプランやお金に関する考え方をじっくり聞いてもらった上で、その人のライフスタイルに合うよう保険商品の提案をしてくれます。将来のことについて漠然とした不安を抱いている方もありのままの気持ちを伝えてもらってOKです!

    事前にパンフレットを取り寄せる必要はないですが、窓口が混雑していることもあるため、行くときは相談予約をしておくことをおすすめします。

    公的保険の説明が聞ける

    ※画像はイメージです。

    ほけんの窓口に行くことで、公的保険で足りないことを補うための保険を検討できます。

    保険会社がたくさんありすぎてどこが良いか分からない方も、ほけんの窓口では各社の保険商品を1つの窓口で比較でき、一人ひとりに合った保険商品を紹介してくれます。契約後に内容の再確認をするなどアフターサポートも丁寧なので安心です。

    強引な勧誘をしない

    ※画像はイメージです。

    保険加入をするとなると強引な勧誘をされると思う方もいると思いますが、ほけんの窓口では強引な勧誘はありません。担当者が合わないと思ったら途中で担当者変更も可能です。保険相談してみたけど今は契約しない、という結論でも全く問題ありません。

    「保険加入はする気がないけど、保険のことについて分からないから話を聞いておきたい」という方も、ほけんの窓口なら気軽に相談できます。

    何度でも無料相談OK!

    ※画像はイメージです。

    「20代で保険に加入したが、30代でライフプランが変わった」という方もほけんの窓口では相談が可能です。特に20代、30代は結婚や出産などでライフプランは変わりやすく、保険の⾒直しをしたいという⽅もいます。そのため、ほけんの窓⼝では何度でも無料で相談ができます。

    保険相談だけでなく、ライフプランに沿って何度でも保険の見直しを無料でできるのは、ほけんの窓口のポイントです!その場で保険加入をしなくても、今後どのポイントで保険加入しておいた方が良いかなどのアドバイスも貰えるので、早めに無料相談にいくことが大切です。

    保険未加入のリスクとお金の使い方を学び将来に備えよう!

    ※画像はイメージです。

    新社会人が保険加入するメリットと、保険の選び方について紹介しました。新社会人の皆さんは、保険未加入のリスクを回避するためにも保険に加入しておくことは大切です。

    どんな保険に入ればいいか分からない方は『ほけんの窓口』で気軽に無料相談してみるのもいいでしょう。若いうちから自分に合った保険加入ができるよう、本記事を参考にしてみてください。
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    ※掲載されている情報は、2023年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

    人気記事ランキング

    更新日:2023年2月3日

    1. 1【Qoo10メガ割】2023年次回開催はいつ?お得なク…
      ytim09
    2. 2【2023年2月最新】コストコで外せないおすすめ商品6…
      chanyama
    3. 32月3日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)のお…
      chanyama
    4. 4【比較21選】マイナポイント紐付けにおすすめの決済サー…
      kabutan
    5. 5【2023】楽天期間限定ポイントの使い方とおすすめの使…
      k__
    • aumo
    • 新社会人は保険に入るべき?おすすめの選び方や種…