メリノウールインナーのおすすめ6選!選び方や洗濯方法まで一挙解説!

メリノウールインナーは着心地がよくほぼ1年を通して着られるおすすめインナーです。この記事ではメリノウールインナーの特徴や選び方とともにおすすめ商品をご紹介します。キャンプや登山を楽しむ方はぜひ参考にしてみてください。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

メリノウールとは?

メリノウールとは最高品質の羊毛で、年中通して快適に着られる素材です。

着心地がよく、保温性や防臭性など機能性に優れ、インナーとしても適しています。ここではメリノウールの素材の魅力について説明していきます。

メリノウールは上質な羊毛

メリノウールはメリノ種という羊の毛から取られた天然素材で、羊毛の中でも最高品質といわれています。

繊維の細さは他のウールの30mm以上と比べて18~20mmと細く、さらさらとした着心地の素材です。肌当たりのよさを求めるインナーに適した素材といえます。

メリノウールには防臭効果がある

メリノウールには防臭効果があります。

臭いの元である酸性分子や塩基性分子を細かい繊維に絡ませ拘束させることで臭いの発生を防ぎます。そのため、夏場や運動をして汗をかく場面で着用しても快適に過ごせるのが特徴です。

メリノウールは年中通して快適に着用できる

メリノウールには高い保温力と吸湿速乾性の特徴があります。

繊維の表面の凹凸が湿気を吸収して熱を発生させます。そのため断熱材として熱を逃さず寒い冬でも暖かく過ごせるのです。
また吸湿速乾性が高く、汗を蒸発させるときに熱も一緒に放出するため、夏でも涼しくさらりとした肌心地を保つことができます。

メリノウールは調温調湿効果に優れており、どの季節でも快適に過ごせるのが魅力です。

メリノウールインナーと吸湿発熱ウェアの違い

冬のインナーとして、汗や肌から出る水分を吸収して発熱する吸湿発熱ウェアが有名です。
吸湿発熱ウェアは動いて熱を生み出す発熱力に特化しており、短時間で体を温める効果があります。汗をかいたときには乾きにくい特徴があり、冬の日常使いに適しています。

一方で、メリノウールインナーは保温性、速乾性に優れ、気温やシーンを限定せずに着用できるのでおすすめです。

メリノウールインナーの洗濯・取り扱い方法

保温性や吸湿速乾性に優れ、他の素材のインナーに比べ比較的高価格の商品が多いメリノウールインナー。様々なシーンで快適に着用でき便利なインナーですが、取り扱いには少し注意が必要です。
ここでは長く心地よく使用できるよう、取り扱い方法を紹介します。

洗濯方法は手洗いがおすすめ

メリノウールは基本的に手洗いがおすすめです。

メリノウールは自然繊維であるため、擦れや摩擦に弱い特徴があります。長い時間水につけると繊維が固くなりフェルト化する特徴があるため、短時間での洗濯を心がけましょう。

メリノウールインナーの中には洗濯機で洗えるものもあります。お手入れする時は必ず商品の洗濯表示を確認するようにしましょう。

毛玉ができないようにブラッシングをする

メリノウールは摩擦に弱く、毛玉ができやすい特徴があります。

これは繊維の表面がキューティクル状になっているためです。着用後はブラッシングを行い、ほこりや汚れを取り除くことで、湿気や毛の縮れを防ぎ、毛玉ができにくくなります。また静電気防止スプレーの使用も毛玉を防ぐ方法のひとつです。

保管の際は防虫剤を使用する

メリノウールは自然素材であるため、虫に食われやすいです。
長い期間、着用しないときには洗濯と乾燥をし、防虫剤を入れて保管することで虫食いを防ぎます。

メリノウールインナーのおすすめ使用シーン

年中通して快適に着られるメリノウールインナー。寒暖差があるアウトドアシーンだけでなく、ビジネスシーンやリラックスシーンにもおすすめです。

アウトドアシーン

寒い冬のキャンプや登山では寒さをしのぐために衣服の保温性が重要な一方、体を動かして汗をかくことから速乾性も必要です。また、寒暖差がある自然の中では体温調節のサポートも大事です。

メリノウールインナーは保温性、速乾性ともに優れ、アウトドアシーンに適したインナーとしておすすめです。

ビジネスシーン

メリノウールインナーは季節を問わず一年中快適に着られます。ビジネスシーンでは室内と屋外での移動など、体温調節が必要なシーンもあります。
スーツや作業着のインナーとして着用することで仕事のパフォーマンス向上に役立つことが期待できます。

リラックスシーン

天然素材で肌触りがやさしいメリノウールインナーはリラックスシーンにもぴったりです。快適な着心地はゆっくりと体を休めたい場面でもおすすめです。

メリノウールインナーのおすすめの選び方

生地の厚さで選ぶ

年中通して着用できるメリノウールインナーですが、商品によって生地の厚さは様々です。

メリノウールインナー製品の厚さは「120」から「260」の数字で表され、これは平米(m²)あたりの重量で生地の厚さのことです。数字が大きいほど厚く小さいほど薄いことを表しています。
シーンに応じたおすすめの厚さは以下の通りです。

  • 120・130…暑い夏におすすめ
  • 150…オールシーズンおすすめ
  • 200…山でのシーンにおすすめ
  • 260…寒い冬におすすめ

着用時期や利用シーンに合わせて選びましょう。

お手入れ方法で選ぶ

メリノウールは化学繊維のインナーに比べ、取り扱いに注意が必要です。
商品によって洗濯機の使用ができたり、使用可能な洗剤の種類が決まっていたりします。これは洗濯表示に記載があります。

手入れ方法が自分にあっていて、できるだけ手間がかからないものがおすすめです。

メリノウール以外に使われている素材で選ぶ

メリノウールインナーはすべての商品が100%メリノウールで構成されているとは限りません。

メリノウールは自然素材であるため化学繊維に比べ耐久性が低く、これを補うために化学繊維を混合して作られているものもあります。混合率は商品によって異なるためチェックが必要です。

化学繊維混合のインナーは、メリノウール100%のインナーよりもメリノウールのもつ調温調湿機能が劣る場合があります。

素材構成を確認して自分にあった商品を選ぶようにしましょう。

メリノウールインナーのおすすめ6選

1. WOOL LAYER (ウールレイヤー)【PR】

WOOL LAYER (ウールレイヤー)【PR】
デイリー・ビジネスから本格的な登山まで、一年を通して着れる最高のアンダーウェアです。
最初に紹介するのは「ウールレイヤ―」のメリノウールインナーです。

メリノウールの中でもカシミヤと同等の繊維の細さである「スーパーエクストラファインメリノ」のみを使った日本製メリノウール100%のインナーです。上質なウールであることに加え、繊維表面の毛羽立ちを取る加工を施しているため、肌ざわりがよくなめらかな着心地が魅力です。

さらに、ウールが水にふれることで起こる縮みや形崩れを防ぐイージーケア加工で洗濯機で洗うことが可能。お手入れ簡単で着心地がやさしいメリノウールインナーです。

また、独自開発の「スパイラルカット」製法は関節や筋肉の動きを計算し尽くした特殊なパターンで、ハードな運動シーンからリラックスタイムまでストレスフリーな着心地とスムーズな動きを実現しています。シーンを問わず幅広く着られる点がおすすめです。

2. mont-bell (モンベル)

mont-bell (モンベル)
4,980円(税込)

プライムデー後もタイムセール開催中!

続いて紹介するのは、「モンベル」のメリノウールインナーです。

モンベル独自で採用している「スーパーメリノウール」はウール85%ポリエステル15%の吸湿発熱性に特化した素材で、通常のメリノウールより発熱性にすぐれます。3種類の生地の厚さがあり、用途や目的に応じて選べる点がおすすめです。

2. icebreaker (アイスブレーカー)

icebreaker (アイスブレーカー)
10,670円(税込)

プライムデー後もタイムセール開催中!

続いて紹介するのは、「アイスブレーカー」のメリノウールインナーです。

生地の厚さが200g/m2 で中厚手のロングTシャツのような見た目のため、春や秋には1枚で着て外出が可能です。クルーネック、同系色刺繍ロゴのみのシンプルなデザインで着用シーンを選びません。

防縮加工が洗濯機での洗濯を可能にし、お手入れも簡単。中国製のインポート商品のため、サイズは寸法をみて自分に合ったものを選びましょう。

3. Smartwool (スマートウール)

Smartwool (スマートウール)
10,120円(税込)

プライムデー後もタイムセール開催中!

続いて紹介するのは、「スマートウール」のメリノウールインナーです。

170g/m²の薄手でフィット感が高いスリムフィットタイプのインナーです。素材はウール87%、ナイロン13%と化学繊維混合でナイロンの耐久性がプラスされています。

リュックサックのストラップとの摩擦を防ぐ、肩の縫い目をずらした設計がアウトドアのシーンにおすすめです。

4. Lapasa (ラパサ)

Lapasa (ラパサ)
5,664円(税込)

プライムデー後もタイムセール開催中!

続いて紹介するのは、「ラパサ」のメリノウールインナーです。

100%メリノウールのインナーで他のメリノウールインナーより比較的安価な点が魅力です。袖口のリブが風もれを防ぎ保温性を高めた設計です。

洗濯機での洗濯が可能で、お手入れも簡単なため、メリノウールインナーを試してみたい方におすすめです。

6. NANGA (ナンガ)

NANGA (ナンガ)
6,578円(税込)

プライムデー後もタイムセール開催中!

最後に紹介するのは、「ナンガ」のメリノウールインナーです。

100%メリノウールのインナーです。女性用のメリノウールインナーもあり、カラーや袖の長さなど選べる点がおすすめです。
家族でメリノウールインナーを探している方にぴったりのブランドです。

おすすめのメリノウールインナーを着て快適に過ごそう!

ウールレイヤ―
メリノウールインナーは着心地がよく、保温性や防臭効果にすぐれた優秀なインナー。アウトドアのシーンにはもちろん、日常生活で着ることもおすすめです。
この記事ではメリノウールインナーについてお伝えするとともに、おすすめ商品を6選ご紹介しました。今年はメリノウールインナーを着てより快適に過ごしましょう!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2022年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

人気記事ランキング

更新日:2022年10月6日

  1. 1【2022年10月最新】コストコで外せないおすすめ商品…
    chanyama
  2. 2【比較16選】マイナポイントはどの決済がお得?おすすめ…
    kabutan
  3. 3レターパックはコンビニで購入できる!発送方法や値段も解説
    k__
  4. 410月6日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  5. 5【10月最新】焼肉きんぐのクーポン情報!ランチや食べ放…
    tunetune95
  • aumo
  • メリノウールインナーのおすすめ6選!選び方や洗…