喜多方・西会津・只見

「喜多方・西会津・只見」エリアに関する情報を集めたページです。おすすめの観光スポットやおでかけスポット、グルメ情報、ホテル・宿泊施設情報など「喜多方・西会津・只見」エリアに関する旬な情報をご覧になることができます。
1,204件のスポット
0件の記事
更新日:2021年10月16日
1 - 30件/1204件
1

新宮熊野神社 長床

喜多方駅から4350m / 福島県喜多方市慶徳町新宮字熊野2258 / その他神社・神宮・寺院
★★★★★
★★★★★
4.00
9件
45件
福島県喜多方市慶徳町にある新宮熊野神社長床。本宮・新宮・那智の熊野三山を祀っている。会津若松市から喜多方市に向かう国道121号線から折れ西に向かいます。天喜3年(1055年)に源頼義が勧請した古社。「長床」とは拝殿のことで平安時代の寝殿造りの建物で直径1尺5寸の円柱44本が等間隔に5列並んでおり全部吹き抜けになっている。国の重要文化財に指定されている。現在は長床の他、熊野三社本殿、文殊堂、観音堂が残されている。長床前にある大イチョウは高さ30m・根回り8.1mで樹齢600年といわれ、喜多方市の天然記念物に指定されている。
投稿日:2021年4月16日
大銀杏の前で皆さん写真撮ってとても嬉しそうでした😃長床には菊花展の賞をもらった菊の花がとても凛として見事な綺麗さでした🥰じっくり眺めてから大銀杏の前で記念撮影沢山して横の銅鐘も見てみよう…🚶🚶🏽‍♀️続く→
投稿日:2020年12月7日
福島県喜多方市、新宮熊野神社長床喜多方にある大銀杏です。すごーい大きいです。私が見た中で最大です。行った時はまだちょっと早くて緑が強かったけど綺麗でした。何度行っても大きさに圧倒されます。長床という、建物も風情があって好きです。zipでも紹介されてましたね📺¥300の拝観料がかかります。夜のライトアップもステキなんですが、今年は行けませんでした。残念😣
投稿日:2020年12月6日
2

日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木

喜多方駅から1649m / 福島県喜多方市字押切地内 / その他
★★★★★
★★★★★
4.00
6件
35件
きょうも良いお天気です✌️那須から磐越道経由で、福島県の喜多方に有る日中線の枝垂れ桜🌸を探しに🚙🐕‍🦺磐梯山を🏔見ながら😍雪の残った🗻が見え✌️ミントさんのナビにも助けられて😅👍3キロに渡る枝垂れ桜🌸💕😍綺麗でした🌸🌸🌸アナちゃんも可愛いね💕って😍😅💦
投稿日:2021年4月12日
2019.4.27福島県のラーメンで有名な喜多方市の日中線記念自転車歩行者道の枝垂れ桜並木仙台での桜は随分前に終わっていたので、南の喜多方でこんなに綺麗に咲いているとは期待していなかったので、かなり驚き😳喜びました😍😍😍雨降り後の早朝で、ほとんど人はおりませんでした☺️濃いめのピンクの枝垂れ桜は、心が華やぎますね🌸朝ラーと合わせて、また見に行きたい桜並木です🥰
投稿日:2021年2月7日
福島県喜多方市、日中線記念自転車遊歩道枝垂桜がずーっと続く遊歩道。車が通らないのでゆっくり見れます。しだれも長ーいので、桜のシャワーの中を歩いてるみたいな気分✨今年からライトアップ開始の予定でしたが、コロナの影響で無くなったそうです😭
投稿日:2020年5月28日
ジャンル:観光スポットその他
3

早戸温泉つるの湯

早戸駅から554m / 福島県大沼郡三島町大字早戸字湯ノ平888番地 / その他
★★★★★
★★★★★
4.00
3件
19件
このお湯は加水、加温、循環、濾過、入浴剤や消毒剤の混入等々一切行ってなく、一千二百年の歴史そのままに、源泉かけ流し100%の天然薬湯温泉とのことです。実際入浴したところ素晴らしいお湯でした。中部地方からの長いドライブ旅行で一番癒されました。きれいな自炊場があり、お皿や調理道工は揃います。調味料が、醤油と塩しかないので、本格的な料理をする際は、油などを持ってきた方がいいです。日帰り温泉棟には、10時から21時まで、入浴できます。露天風呂がとても良かったです。湯治棟にも内風呂があり、小さいですが、5時から22時まで入れます。温泉の隣にある食堂のラーメンも美味しいかったです。数年前にリニューアルし、大変清潔ながらも味のある湯桶が特徴的。ぬるぬるした源泉は自然冷却されちょうど良い熱さに。只見川と連続しているかのような露天からの眺望は時間を忘れさせてくれる。
投稿日:2020年10月4日
日帰り温泉、宿泊湯治早戸温泉つるの湯に行きました。全国屈指の薬湯で有名。夜間料金400円で入浴してきました。内風呂と露天風呂が有りますが、どちらも良さが有り、身体の芯まで温まりました。以前よりは、宿泊施設の建物も新しくなって利用しやすくなったのではないかと思います。食堂もありましたが、温泉♨️のみに。水曜日が、食堂は定休日。名湯つるの温泉の由来人助けの為ならと湯治場を作ったと有り、住民の命を守る至宝の温泉であったに相違いない…とパンフレットに。昔は、薬等は高価な時代。温泉♨️が薬だったんだろうなと思います。
投稿日:2020年5月28日
ジャンル:観光スポットその他
5

桧原湖周辺

福島県耶麻郡北塩原村 / その他
★★★★★
★★★★★
3.83
6件
28件
あまりに綺麗だったので💫💫桧原湖周辺✨〜ACT2nd💫1888年7月15日に磐梯山の噴火🌋とともに山体崩壊が発生、これによる岩屑なだれが谷を埋めて生まれた堰止湖が桧原湖である。南北に細長い形状をしているのはこのため。この崩壊で生まれた湖沼では同湖が最大であり、日本で最も大きい火山性の堰止湖でもある。またのこの崩壊では同湖以外にも300余りの湖沼群が生まれた。初期には北側の桧原湖と南側の雄子沢湖(おしざわこ)の2つに分かれていたが、噴火の翌々年の春に雪解け水でーつにつながったのです‼️山体崩壊の際には470人以上の死者がでたほか、桧原村が水没し消滅した。現在でも水位が低下すると、水没以前の集落にあった山神社(大山祇神社)の鳥居や参道脇の並木の跡が現れる‼️また墓石が顔を出す場所もある。  
投稿日:2020年7月29日
福島旅行で会津へ。五色沼観光の後は楽しみにしていた奥裏磐梯らぁめんやさんの山塩ラーメンを食べました(^-^)奥裏磐梯らぁめんやさんは桧原湖の目の前で、湖を一望できる最高のロケーションです。天気がよければ外テーブルでも食べられます。山塩ラーメンは喜多方の塩バージョンのイメージ。鶏出汁ベースの塩味です。あっさりしつつも奥にコクがあるスープに軽く縮れた麺がよく絡みますチャーシューは豚バラでバランス最高!お気に入りのラーメンです(^-^)
投稿日:2020年5月28日
ジャンル:観光スポットその他
10

あべ食堂 (あべしょくどう)

喜多方駅から1147m / 福島県喜多方市緑町4506 / カレーライス・定食・食堂・ラーメン
★★★★★
★★★★★
3.40
2件
9件
山塩ラーメン🍜〜冷たい❣️朝ラー😵👍✨あべ食堂🍜喜多方市‼️喜多方は❣️あべ食堂❣️でっす😵✨山塩〜帆立〜鳥〜豚〜豚脂肪〜玉ねぎスープが冷やしに合う❣️麺は平打ちちぢれ麺❣️チャーシュー沢山盛り❣️素晴らしい😭👍✨喜多方流おもてなし一杯のラーメンに託す気取らないから、あたたかいさりげないから、あたたかいさりげないから、うれしい今も昔も変わらないそれが喜多方流素朴で深くて朝からスルッと食べれちゃう😅👍いや❣️流石❣️喜多方ラーメンここにあり❣️朝ラーだけに‼️朝7時から‼️営業してます😵✨なんて素晴らしい風習なんだ😭✨喜多方からでした😵👍✨福島県喜多方市には人口に対してラーメン(喜多方ラーメン)店が多く、中には朝からラーメンを提供する店も見られる。1960年代には早朝からラーメンを提供する店が存在していたようだが、その起源には以下のように諸説ある。市内にある三交代制をとるアルミニウム工場の夜勤明けの工員のために販売を始めた。街中から遊廓が消え、ラーメン店の夜の売り上げが減ったため、朝から営業を始めた。早朝の農作業を終えた後、ラーメンを食べ始めた。
投稿日:2020年9月27日
ジャンル:グルメ・レストランカレーカレーライスグルメ・レストランレストラン(その他)定食・食堂グルメ・レストランラーメン
11

只見湖

只見駅から2013m / 福島県南会津郡只見町大字只見字後山 / その他
★★★★★
★★★★★
3.40
1件
7件
五里霧中雨降り予報100%という中、降ったら降っただ!と年甲斐もなく覚悟を決めて、約1ヶ月振りのツーリングに出かけました。人生長く生きていると、こういうときは、山は行ってはいけないよという事はよおくわかっております。だけども、山に向かうんだよ!毎日雨で、近くの海ばっかり見飽きているとほほな海彦はね。雨が落ちてきたら濡れるだけだって覚悟を決めたくせに、Tシャツまで雨が侵入してきたら引き返そう、とか、道すがらの神社や、地蔵に出会うたび、あともうちょっと雨を降らせないでくだせえ、、って神頼みしたりしていたら、なんと一滴も降らないまま本州の背骨をいくつか乗り越えて、只見まで、たどり着いた悪運の強いジジイです。。あと、峠を一つ越えれば、新潟県に戻れる、もうここまで来れば通い慣れた道だし、と運で生きてきたジジイって大概、詰めが甘いんですね。。道から湖畔まで、土手を降りると、途中のコンビニで買ったホットドックを食べて、ちょっとウトウトってウサギとカメのウサギのように寝てしまいました。なんか肌寒くて目を覚ますと、湖から、、白いモヤが立ち込めているではあありませんか、、いつもの私ならばここから先は、モヤの中から妖精が🧚‍♀️現れて、貴方の斧はこの金の斧かい?って妄想の世界に引き込まれるのだが、モヤののスピード、ハンパねえって勢いで私を包み込み、あっという間に目の前の手まで見えないバイクの止めた場所もわからない、何も見えない恐怖の中、必死にバイクに戻りエンジンかけて無我夢中、五里霧中、霧に追いかけられながら、峠を越えましたなんか子供の頃、ゲゲゲの鬼太郎でこんなシーンがあったような気がしましたよ。皆さんも旅は計画的に、梯子を降りる時は、最後の3段目辺りに気をつけましょう天気の良い時は只見町はほんとに素敵な所です。以上、海彦、山で慌てるでした。
投稿日:2020年7月13日
ジャンル:観光スポットその他