京都を巡る会・「武」さんが投稿した画像

京都を巡る会・「武」さんが投稿した八坂庚申堂に関する口コミの画像
いいね 9 件・コメント 0 件

【京都・金剛寺(八坂庚申堂)】 ・京都の清水寺へ行く途中にある、金剛寺(八坂庚申堂)は、天台宗派の寺院で、創建年代は、定かではないようで、本尊は「青面金剛」と呼ばれ、大阪の四天王寺、東京の浅草寺とともに日本三庚申の一つとされております。 ・そもそも庚申(こうしん)とは、60日に一度まわってくる庚申(かのえさる)の日を表し、道教の教えでは、庚申の夜は寝ている人間から三尸(さんし)の虫が抜け出し、天帝に悪行を告げ、寿命を縮めると言われ、庚申の夜を徹夜して過ごす「庚申待ち」が行われていた事に因んでいるそうです。 ・こちらの💁八坂庚申堂は、正式名称を「金剛寺」と呼ばれ、道教の庚申待ちとは、全く無関係でありましたが、本尊・青面金剛が三尸の虫を食べると言われる事から、庚申待ちの夜に拝まれるようになりました。 ・こうして、八坂庚申堂は、庚申信仰発祥の地として、地元の方や観光の方々にも広く親しまれております。😊 ・現在も庚申堂では、庚申の日には、護摩焚きやこんにゃく焚きの行事を行っておられます。 ・境内に多数あるカラフルな色の「くくり猿」は、欲望のまま行動する猿の手足を縛ることで、わがままな自分の心の中の煩悩を戒め、正すために作られたお守りとさらております。 ・様々な欲をひたすら我慢しながら、本尊の青面金剛に奉納することで、願いを叶えてくれると言われております。 ・非常にインスタ映えするエリアでもあるので、参拝者が途切れることは無く、皆様代わる代わるに写メ📱を撮られております。 ・庚申堂の人気の一番の理由は、カラフルな願掛けのお守り、「くくり猿」と「着物」との相性が抜群だからです。👘 ・入り口の屋根の上に猿🐒の石像があります。 ・こんにゃく焚きは、60日に一度の庚申の日と1月6日、7日、5月3日にはこんにゃく焚きが行われ、3切れのこんにゃくを北に向って無言で食べ、一年の無事(無病息災の意味を込めて)を祈願する風習も現在もなお存在しております😁 [アクセス] ☀︎市バス🚌「東山安井」下車、徒歩約4分 ☀︎京阪🚃「祇園四条」駅下車、徒歩約15分 #aumo #京都を巡る会 #清水寺 #八坂庚申堂 #寺社巡り #御朱印巡り

3ヶ月前・19 views八坂庚申堂
  • シェア
  • ポスト
  • 保存