カイマナヒラさんが投稿した画像

カイマナヒラの画像
いいね 43 件・コメント 2 件

塔本シスコさんの 人生絵日記として描き貯められた絵画200点以上を展示 その塔本シスコ展へ行ってきました。熊本市の中心で熊本城の前の通町筋にある鶴屋百貨店前、 ホテル日航横にある びぷれす熊日会館の3Fの 現代美術館 この方が塔本シスコさん 自作のお着物を着てにこやかに迎えてくださいました。😊 はるばるやってまいりました😊 この日は熊本の美術館巡り旅😊 まずシスコさんの紹介を少し😅 名前があの頃にしては?? 養父の憧れのサンフランシスコからつけられたとか 熊本の八代生まれ、宇城市育ち その後家が傾き学校も中退 奉公に出され結婚しますが 46歳のとき夫が急逝、 心身ともに衰弱する中で 子供の頃からの憧れだった 絵を描くことで元気になっていかれます。 初めて描いた絵は息子さんの描いた油絵を剥がし取りそこに自分の描きたい絵を描いたとか。 帰宅した息子さんが見つけビックリ‼️👀😵 でもその絵を見て彼女の才能を見つけたと息子さん😊 実は息子の賢一さんも画家 彼女は息子さんの団地の4.5畳の部屋をアトリエとして 「私は死ぬるまで絵ば描きましょうたい」と91歳の人生を閉じるまで描き続けられたそうです 今回は、彼女の好きだったものを 少しご紹介しますね。 彼女の好きなもの 猫のミーイちゃん 三田明さん、里見浩太朗さん、 美輪明宏さん そして、家族のみんな そして、花、鳥、魚等 生き物全て 彼女は畳一枚ダンボールに 沢山描かれていました。 キャンバスよりも多かったかも お母さんの描いた絵を大切に思われた息子さんは 彼女の絵の額装も工夫され その愛にとても感動しました🤗 いつも優しい息子さんやお孫さんたちに 支えられ幸せなご家族の姿が見えたように思いました。 この展覧会は息子さんがお母さんの作品を全て保存され その息子さんも亡くなられ お孫さんが美術館に相談された事から始まったそうです。 彼女の愛を家族の愛をすべての人にと言うことかなと思いながら拝見してきました。 最後の絵 丸山明宏さん 9枚目 息子の賢一さん 7.8枚目 お孫さん 6枚目 賢一さん 続きます😊

8ヶ月前・66 viewsホテル日航熊本
  • シェア
  • ツイート
  • 保存