ざんぎさんが投稿した画像

ざんぎの画像
いいね 20 件・コメント 0 件

ペンション南山手10番館は実は、コルベ館の上にありました。 行くまで知らず、 というか、コルベ?って? と全く無知なまま宿泊し、そのまま早朝チェックアウトして、コルベ館はノータッチで去りました。 が、 このコルベ氏とは、 マキシミリアノ・マリア・コルベ神父(1894年〜1944年) のことで 1930年日本に来てまもなく借りた洋館があった場所で、「聖母の騎士信心会」に日本支部が開設され、「聖母の騎士」誌の出版作業が行われた場所ということでした。 当時の洋館は火災によって焼失し、現在の記念館は、その焼け残った赤レンガの暖炉(長崎市の南山手伝統的建造群に指定)を中心として建てられたものです。 そもそも、コルベ神父は、ポーランド人で、戦争中にポーランドへ帰国して、そのままアウシュビッツの牢の人の身代わりを申し出て、獄死なさったそうで、のちに、1982年に法皇ヨハネパウロ2世により、聖人に列せられたのでした。 知らなくて、通り過ぎてしまい残念でした。 次回訪問したいと思います。 ※アクセスは大浦天守堂の前の通り 長崎市南山手町2-6 #おでかけ

5ヶ月前・44 views大浦天主堂
  • シェア
  • ツイート
  • 保存