行列必至!鶏節と秘伝の塩スープが絶品!「らーめん鱗」@大阪

<茨木発>オープンから約4年。ほとんどといっていいぐらい、昼夜関係なく行列ができている「らーめん鱗」(うろこ)。阪急電車の高架沿いの道から1本路地を入るとあり、表通りからはほぼお店は見えないのですが、オープン30分前から並んでいることもある人気ラーメン店なんです。(※茨木以外には、高槻・西中島・江坂と4店舗を展開されているそうです。)
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

いつもは行列が!!

長椅子に座って順番待ち。座りきれない人が立って並んでいて、最後尾の人が表どおりから見える状態がほとんど。このときは、ほんとうに奇跡に近い状態での写真撮影が!!
「少しでも早くに食べていただきたい」とのお店の配慮で、待っている間に注文を聞いてくださり、席につくとほどよいタイミングで提供してくれます。

活気あふれるスタッフさん

活気あふれるスタッフさん! カウンター7席、テーブル席3つの計14席

メニューはこちら!

らーめんのメニューは味玉らーめん(850円)・らーめん(750円)・チャーシューめん(1050円)の3種類。それぞれ塩か溜り醤油か選べます。その他、汁無しの辛和えめん(温玉入り)850円あります
「基本のお品は塩らーめんです」と、メニュー上段に太字で大きく書かれているので、ここは「塩」をチョイス。プラス250円で、やきめし(ハーフ)セットを注文。きざんだチャシューが入り、ぎとぎとする感じもなく、ラーメンとの相性抜群でした。

店名の「鱗」の由来は?

スープは鶏節と秘伝のお塩を使ってらっしゃるんだとか。そして、店名の「鱗」は、スープに浮かぶ背脂が、うろこのように見えるからだそうです。

独自の少し縮れた太麺が絶品

麺はスープにあうよう、鱗さん独自の少し縮れた太麺。
豚の肩ロースを使って作るレアチャーシューとよばれるチャーシューは、ぱさぱさ感がまったくなくしっとりジューシー。麺とあわせて食べておいしいように仕上げられています。

並んででも食べたいらーめんを

トッピングは長ねぎとカイワレ大根と鶏節。鱗のようにみえる背脂がスープに浮かびます。塩らーめんにはテーブルにおかれている「ゆず胡椒」、溜まり醤油には「お酢」が合うそうです!
今度は溜まりしょう油を使った醤油らーめんも食べてみたくなりました。並んででも食べたい!ぜひお出かけくださいね。
らーめん鱗 茨木店
茨木市駅から248m / 大阪府茨木市永代町10-19 永代町壱番館 1F
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2021年10月17日

  1. 1【2021年10月版】コストコで買うべきおすすめ商品3…
    chanyama
  2. 210月15日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)…
    chanyama
  3. 3【2021年10月最新】焼肉きんぐのクーポン情報!ラン…
    tunetune95
  4. 4Netflixの料金プランはいくら?他社比較・プラン変…
    Nalumi_uyu
  5. 5【10月14日新発売】セブンイレブンの新作スイーツ一覧…
    eve_jane
  • aumo
  • 行列必至!鶏節と秘伝の塩スープが絶品!「らーめ…