中国・北京で飲む!お洒落な中国茶カフェ「一拙」

中国といえば、最近じわじわと人気になりつつある「中国茶」の本場でもあります。今回は初めて中国茶を飲む人でもカジュアルに楽しめる、中国茶カフェスタンドをご紹介します。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

落ち着いていてお洒落なストリート「五道営胡同」

@kyon_267
今回ご紹介する中国茶カフェ「一拙(YIJO)」は、北京の中心地にほど近い五道営胡同にあります。

五同営胡道は南鑼胡道と比較されることが多いのですが、南鑼胡道が観光客が多く集う賑やかなエリアなのに対し、こちらはまだそれほど人も多くなく落ち着いた雰囲気です。
また最近は、お洒落なカフェや雑貨店が増えつつある注目のエリアでもあります。

中国茶カフェ「一拙(YIJO)」

@kyon_267
地下鉄2号線「安定門」駅を出てすぐ東に続く五道営胡同を歩くと、3分ほどの場所に「一拙」はあります。「手」と「サボテン」のマークが目印です。

1杯1杯を丁寧に入れてもらう贅沢な時間

@kyon_267
今回私は中国茶に初チャレンジということもあり、お茶を入れている様子の見えるカウンター席に案内してもらえました。
1杯1杯を丁寧に入れる姿は、なんとも所作が美しく、それだけで贅沢に感じられます。
ちなみに私はジャスミン茶を注文しました。口に入れた瞬間、とろみのある茶が喉を通り、同時に鼻へと匂いがふっと抜けていきます。観光で歩き疲れた体を潤してくれる至福の時となりました。

北京っ子たちとも交流できるアットホームなカフェ

@kyon_267
いかがでしたか。今回は中国茶カフェ「一拙」を紹介しました。
こちらのカフェはあまり英語が通じないのですが、お店の人たちが暖かく、とにかく面倒見が良いです。わからないことがあれば漢字で伝えようとしたり、実物を見せようとしたり、あの手この手と手を尽くしもてなしてくれます。
また日本についても興味津々でちょっとしたことで会話が広がりました。そんな地元の人との交流もこのカフェでは楽しめます。ぜひ一度行ってみてくださいね。

※実際に海外旅行をされる場合には、外務省 海外安全ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/)の確認をお願いいたします。
一拙

周辺のホテルを検索♪

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1★第2弾★無料ペア宿泊券が当たる♪「#おでかけ」フォト…
    aumo編集部
  2. 2【2020】スタバのおすすめカスタム10選!メニューご…
    satomi0908
  3. 3【関東】1度は泊まってみたい!夢が広がるリゾートホテル…
    yuri1020
  4. 4【2020】名古屋で桜!名所から穴場まで絶景お花見スポ…
    shigemichi07
  5. 5「焼肉安安」でお得な【春のタンまつり】が開催!春一番の…
    aumo Partner