中国通に教えたい穴場スポット◎まだ知られていない魅力を徹底解説!

数ある中国の観光地の中でも外せないのが「万里の長城」。今回は北京近郊の長城の中でも、まだあまり観光地化されていない「慕田峪長城」をご紹介します。古代中国に想いをはせ、どっぷりと歴史に浸る旅はいかが?
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

「慕田峪長城」ってどこにあるの?

@kyon_267
「慕田峪長城(ぼでんよくちょうじょう)」は北京の中心地から2時間ほど車を走らせた郊外にあります。
谷底にある入口から長城まで登る方法は3つ。ロープウェイ、リフト、歩いて登るの方法になります。今回私はロープウェイで登りました。片道5分ほどです。

ロープウェイから見える長城

@kyon_267
ロープウェイも終盤に差し掛かると、長城が見えてきます。
「慕田峪長城」は、東西に広がっています。
こちらは、東側に見える長城です。慕田峪長城が他の長城と違うのは、城壁の両側に狭間がついていることなんだとか。

急勾配といわれる東側ルートにチャレンジ!

@kyon_267
ロープウェイを降りたら、東西どちらの道に進むか決めなくてはなりません。
今回私は、東側ルートを選びました。東側のルートは階段が多く、急勾配になっています。

現地の方によると、この階段は全部で1,000段ほどあるのだとか。
けれど、ふりかえれば後ろに絶景が広がります。
この景色を見れただけでも、こちらのルートを選んで良かったと思えるほどでした。

オススメは秋!どこまでも続く長城をじっくり眺めてみては?

@kyon_267
夏は緑が青々としていてその景色もなんとも雄大でしたが、現地の方によるとベストシーズンは秋とのこと。
山々が真っ赤に染まり、なんともいえない美しさに姿を変えるんだとか。
どこまでも続く長城を眺め、その積み重ねてきた歴史に想いをはせるのも贅沢ですね。

※実際に海外旅行をされる場合には、外務省 海外安全ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/)の確認をお願いいたします。
慕田峪長城

周辺のホテルを検索♪

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1★第2弾★無料ペア宿泊券が当たる♪「#おでかけ」フォト…
    aumo編集部
  2. 2【2020】スタバのおすすめカスタム10選!メニューご…
    satomi0908
  3. 3【関東】1度は泊まってみたい!夢が広がるリゾートホテル…
    yuri1020
  4. 4【2020】名古屋で桜!名所から穴場まで絶景お花見スポ…
    shigemichi07
  5. 5「焼肉安安」でお得な【春のタンまつり】が開催!春一番の…
    aumo Partner