どっちが好み?お台場と豊洲のチームラボを比較♡

今話題のデジタルコンテンツ制作会社、「チームラボ」の東京展示場がお台場と豊洲、2つあるのはご存じですか?今回はそれぞれがどのように違うのか、比べてみました!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

「気持ちよさ」がポイントの豊洲展示場♪

hoko
豊洲の展示場である「チームラボ プラネッツ」の感想を一言で表すのであれば「気持ち良い」!

お台場の展示場ではアスレチックがある為靴を履いて行くことをお勧めしますが、豊洲展示場では入り口で裸足になります。

水の中やふかふかのクッションの上を歩いたり、通路も場所によって床の素材が異なる為、目でデジタルアートを楽しむのはもちろん、手足で感じる感触がなんとも言えない気持ちよさ。

子供受け抜群!お台場展示場

hoko
対するお台場展示場、「チームラボ ボーダレス」は、豊洲よりもスペースが広く、展示作品も多め。

自分で色を塗った海の生物を壁に投影させたり、ブロックを動かして街を作ったり、滑り台やトランポリン、アスレチックなど、大人はもちろん、子供もめいいっぱい楽しめる要素がたくさん♪

どちらでも楽しめる代表作品

hoko
光のカーテンや光るボール、移り変わる花の景色など、チームラボ作品の代表作ともいえるものはお台場と豊洲、双方で楽しめます。

ただ、展示方法や見せ方が異なる部分もあり、それぞれの作品は色や景色が常に移り変わっている為、見る度に新たな発見があって面白い!

お好みはどっち?

hoko
いかがでしたか?
豊洲は比較的大人向け、お台場は子連れでも存分に楽しめる印象ですが、どちらも素晴らしい作品の展示場です!
同じだけど同じではない2つのチームラボ展示場 、ぜひお試しあれ♪
チームラボプラネッツ TOKYO
詳細情報を見る
jalan_kankou
チームラボボーダレス お台場
詳細情報を見る
jalan_kankou

周辺のホテルを検索♪

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年10月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2020年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2東京×春観光へ行こう♪東京メトロ24時間券で見つける”…
    aumo編集部
  3. 3【2020】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  4. 4【2020最新】都内デートでゆったり過ごす♪おすすめス…
    myon48
  5. 5【2020年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390