【新定番も!?】宮城の味を持ち帰ろう♪外さない宮城のお土産10選

仙台、松島、気仙沼…と観光スポットが目白押しの宮城県。観光スポットのみならず、気になるグルメも多く集まっています。 出張で訪れる方も多いこちらで、帰りに買っていきたいのがお土産ですよね!最近は定番のものだけでなく、新定番になり得るものもたくさん出ているんだとか…。 そこで今回は、宮城で買うべきお土産を食べ物から雑貨まで、変わり種も織り交ぜながら幅広くご紹介します!
この記事の目次

宮城のグルメと言ったらこれ!【牛タン】をお土産に買って行こう☆

宮城で外さないお土産1. 【利久 牛たん 真空パック 塩味】

まずご紹介する宮城で買うべきお土産は、「利久(りきゅう) 牛たん 真空パック 塩味」です。
やっぱり宮城といえば牛タン、そして牛タンといえば「利久」!
「利久」 のお店で提供されている肉厚ジューシーな牛タンが家庭でも手軽に味わえる、喜ばれること間違いなしのお土産です♪

宮城で外さないお土産2. 【牛タン仙台ラー油】

続いてご紹介する宮城で買うべきお土産は、「牛タン仙台ラー油」です。
宮城屈指のグルメ・牛タンを"食べるラー油"にしたこの商品。なんと具の9割が牛タンと、食べ応え抜群◎
甘辛く煮込まれており、どんな食材とも相性がいいんです。小さく軽く、日持ちするのもお土産として嬉しいポイント♡

宮城スイーツの定番♡アレンジ自在の【ずんだ】はお土産の種類も豊富!

宮城で外さないお土産3. 【ずんだ淡餅「寸”」】

続いてご紹介する宮城で買うべきお土産は、「ずんだ淡餅『寸”』(ずん)」です。
"ずんだ"とは、枝豆をすりつぶしてペースト状にしたもののこと。それをお餅で包んだ「ずんだ餅」は宮城の定番お土産として知られていますが、「寸”」は一味違います。

お餅と言っても透明感のある、ぷにゅっとした触感のお餅を使用。
いつものずんだ餅とは違った、新しい味わいが楽しめますよ♡

宮城で外さないお土産4. 【ずんだロール】

続いてご紹介する宮城で買うべきお土産は、「ずんだロール」です。
ロールケーキのホイップクリームの中にずんだが混ぜこまれた1品。ふわっふわのロールケーキからずんだの甘さがほんのり香ります。
食べやすいサイズに個包装されているので、配布用にもぴったり◎

竹カゴというこなれたパッケージも目を引きますね♡

宮城で外さないお土産5. ふっくら触感を楽しんで♡【笹かま】

続いてご紹介する宮城で買うべきお土産は、「笹かまぼこ」です。
宮城県仙台市発祥のグルメ ・ 笹かまぼこ は、ふっくら肉厚で、食べ応えがある1品☆

お土産に持ち帰るなら、阿部蒲鉾店(あべかまぼこてん)の「笹かまぼこ詰合せ」がおすすめ。スタンダードな 笹かまぼこに加え、味が付いたものや揚げかまぼこもセットになっています。
ちょっと小腹が空いたときなんかに食べたくなりますね♪

宮城で外さないお土産6. 宮城土産のド定番!【萩の月】

次にご紹介する宮城で買うべきお土産は、「萩の月」。
宮城のお土産といえば「萩の月」と言っても過言ではない程、全国的にも有名なお菓子です。
滑らかなカスタードクリームとふわふわカステラの組み合わせが絶妙!1つ食べたら止まらなくなってしまう美味しさです♡

三全 広瀬通り大町店 (さんぜん)
詳細情報を見る
tabelog

宮城で外さないお土産7. 大福は大福でも…?【喜久福 大福】

続いてご紹介する宮城で買うべきお土産は、「喜久水庵(きくすいあん)」が販売する「喜久福(きくふく)」です。
「喜久福」は、お餅の中にあんこと生クリームが入った大福のこと。上品な甘さがクセになります♡
「生クリーム」、「抹茶生クリーム」、「ずんだ生クリーム」、「ほうじ茶生クリーム」と4つの味があるので、ぜひ食べ比べてみてください☆

宮城で外さないお土産8. 食べて宮城の歴史を想う【支倉焼】

続いてご紹介する宮城で買うべきお土産は、「支倉焼(はせくらやき)」です。
宮城県仙台市のお菓子屋さん「ふじや千舟(せんしゅう)」が作るお菓子で、さっくりとした触感の皮の中にクルミ入りの白あんが包まれています。
こちらのお菓子は、約400年前、宮城・仙台で国際交流のために力を尽くした仙台藩の偉人を称えて作られたものなんだとか。

お土産に宮城の歴史が込められているなんて、なんだかわくわくしますね♪

宮城で外さないお土産9. 新定番になること間違いなし!【タコぷりん】

続いてご紹介する宮城で買うべきお土産は、「タコぷりん」です。
不思議に思う名前ですが、その正体はキッシュ。宮城県南三陸町で育ったタコがふんだんに使われています。

甘さと塩気のバランスがちょうどよく、食べやすいサイズなのでおつまみなんかにもぴったり◎
キッシュのお土産は珍しいので、印象にも残りやすいはずです☆

宮城で外さないお土産10. 宮城の高校生が開発【いしのまきのさんまカレー】

続いてご紹介する宮城で買うべきお土産は、「いしのまきのさんまカレー」。
こちらはなんと、宮城県石巻市の高校生が商品開発に携わった1品なんです!
さんまをキーマカレーに、という斬新な発想ながらも、その味は格別!魚が苦手だった筆者もぺろりと食べ切ってしまいました♡

レトルトで食べやすいので、特に1人暮らしの方へのお土産にもってこいですね◎

宮城で外さないお土産11. 大人のお土産にはこれを♡【ひめぜん】

続いてご紹介する宮城で買うべきお土産は、「ひめぜん」です。
「ひめぜん」とは、お米で作られた日本酒のこと。甘酸っぱく優しい口当たりで、飲みやすいのが特徴的。冷やしても熱燗にしても美味しいですよ♪
「ひめぜん」は、甘さを抑えた「ひめぜん きりり」、梅酒を加えてリキュールにした「ひめぜん Ume(うめ)」と合計3種類あります。

大人の方へのお土産としてぴったり◎それぞれを飲み比べながら、お土産話をしてみてはいかがですか?

宮城で外さないお土産12. 家におひとついかが?【玉虫塗】

続いてご紹介する宮城で買うべきお土産は、「玉虫塗」です。宮城県仙台市発祥の伝統工芸品で、光の加減によって色合いが変わることがタマムシに似ていることからその名が名づけられました。
「玉虫塗」の品はお皿を始めとしたものから風鈴やタンブラーなど、その種類は多岐に渡ります。

艶のある光沢が美しい「玉虫塗」を1つ持っているだけでも、なんだか贅沢な気分になれそうです♪

これでもう宮城のお土産で迷うことはない☆

いかがでしたか?宮城には、全国的にも有名なお菓子からおつまみにもってこいの食品、大切な人に贈りたくなる雑貨、故郷の味を思い出せるお酒など、豊富な種類のお土産が揃っているんです!
今回ご紹介したお土産を買えば、喜ばれること間違いなし♪
宮城へ訪れる際には、ぜひ参考にしてみてくださいね☆

※掲載されている情報は、2019年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1夏の登山。天気が心配…。登山初心者の私を救ってくれた、…
    aumo編集部
  2. 2金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  3. 3【2019年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390
  4. 4【定番から穴場まで】横浜観光ならここだ!観光スポット2…
    sykxa14
  5. 5【静岡観光スポット22選】穴場から絶景まで!幻想的で魅…
    yao83