【業務スーパー】のソーセージ「生フランク」が絶品!おすすめの理由を徹底調査

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

肉汁たっぷり!業務スーパーのソーセージ・生フランク

View this post on Instagram

業務用スーパーの生フランク。 コストコの生ソーセージも好きだけど、なかなか入手困難だから、 業務用スーパーのかってみた。 これ。。。おいしい(笑) 値段もコストコより買いやすい。 ハーブ感もうちょっとあってもいいけど、プラックペッパーきいててなかなかよい👍 皮パリパリ、肉ジューシー。 1週間近く体調不良でチ───(´-ω-`)───ンなってたから。 復活して、ミートソース、ピラフ作って、シスコライス風😶 #業務用スーパー #生フランク#パリパリ#ジューシー#シスコライス風#ピラフ#ミートソース#体調復活

A post shared by りなまる (@rinamaru.9251) on

業務スーパーでは日本人の大好きなソーセージを種類豊富に扱っていますが、とにかく肉汁たっぷりで絶品なのにコスパも抜群と評判になっているのが業務スーパーのソーセージ「生フランク」です。
一般的なソーセージよりも格段にクオリティの高い、業務スーパーの大人気ソーセージ「生フランク」をじっくり堪能しましょう!

業務スーパーの絶品ソーセージ「生フランク ハーブ入り」

業務スーパーの絶品ソーセージは「生フランク ハーブ入り」という商品です。そこでまずは、業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」の特徴や製造元、また内容量・値段をご紹介します。

生のソーセージを真空パックにして冷凍

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」は、生ソーセージを真空パックにして冷凍した商品です。真空パックにして酸素を取り除き、さらに冷凍すると食品の腐敗の原因となる微生物や菌が増殖できなくなります。
そのため業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」は、未加熱であっても長期の保存が可能なのです。

株式会社「肉の太公」が製造

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」は、株式会社「肉の太公(たいこう)」が製造している商品です。肉の太公は2009年に設立した肉加工品メーカーで、東京都江戸川区に本社である江戸川工場と、第2工場の2つの工場を構えています。
業務スーパーで販売しているソーセージ「生フランク ハーブ入り」は江戸川工場で生産されていて、肉の太公を代表する自慢の一品として注目されているのです。
また業務スーパーで人気の「スモークチキンスライス」や「ショルダーハムの切り落とし」は、肉の太公の第2工場で生産されています。「生フランク ハーブ入り」と併せてチェックしてみてください!

1kgで698円(税別)

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」の価格は1kg(10本)入698円(税別)、1本(100g)当たり約70円です。一方一般的なコンビニのフランクフルトは1本当たり60~70g、価格は140円が相場ですから、100g当たり約200円です。
つまりコンビニのフランクフルトに比べると、業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」はボリュームがあり、さらに価格は1/3ほどの安さという大変お得な商品ということになります。

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」の人気の理由

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」は、どうして人気があるのでしょうか?業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」の人気の理由3選をご紹介します。

食べ応え抜群のボリューム

View this post on Instagram

今日は三女の誕生日🎉21歳になりました しかし本人は仕事のため不在😅 ま、私が安産すぎて病院間に合わず 玄関で三女を産んで 初めて救急車に乗った記念日でもあるので← とりあえず乾杯🤣🍾 #生フランク←業スー #馬刺し←業スー(写メ撮るの忘れた😓) ワイン←業スー 〆は蕎麦 #晩酌#だいやめ#家飲み#宅飲み#おうち居酒屋 #お酒大好き#素朴飯#おつまみごはん #COSECHA#白ワイン#チリ産#お手頃ワイン #業務スーパー#業スー 朝飯🗒 白湯 中国茶 昼飯🗒 夕べの残り鍋でうどん&チーズたっぷりおじや カップ麺シェア 中国茶 コーヒー #ダイエット #BMI20 まであと1.8kg🧐

A post shared by ひ4り (@_._._bubu_._._) on

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」が人気を集めている最大の理由は、食べ応え抜群のボリュームです。フランクフルトで1本当たり100gという重さはかなりのビッグサイズなので、ソーセージとは思えない肉々しさを味わえます。
業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」は朝食の目玉焼きに添えたりお弁当のスキマおかずにしたりでおなじみのウィンナーではなく、夕食のメインおかずとして立派に成立する「お肉」というイメージに近いでしょう。

天然ケーシング(豚腸)

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」の人気の理由は、天然ケーシング(豚腸)にもあります。ケーシングとはソーセージの皮に相当し、食べた時のパリッという食感を生み出す重要な部分です。ケーシングには動物の天然腸と人工タイプの2種類があります。
日本で流通している多くのフランクフルトは加工性に優れた人工ケーシングを使っているのに対し、業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」は天然の豚腸にこだわって作られているのです。
天然の豚腸には、ソーセージそのものの品質がアップするというメリットがあります。天然の豚腸は中に詰める肉との相性が抜群なので、人工ケーシングよりもパリッとした食感に仕上げることが可能です。
また天然の豚腸には無数の細かい穴が空いていて、ソーセージ特有の風味を引き立たせるといった効果も知られています。
そのため天然の豚腸を使っている業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」はパリッとした食感に優れ、かつ肉の旨味やコク・ハーブの香りが豊かに広がるクオリティの高い商品と言えるでしょう。

ぷりっぷりの食感

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」の人気の理由には、ぷりっぷりの食感も挙げられます。業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」は、肉の太公が本場ドイツの加工技術を学び、本物同様の製法にこだわってドイツの味を再現した自慢の商品です。
そんな業務スーパーの「生フランク ハーブ入り」は生の状態で100gというボリューム感のソーセージを急速冷凍しているため、旨味やコクの詰まった肉汁がたっぷりそのまま閉じ込められています。
その結果業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」を食べると、加熱したソーセージにはない、生ならではのぷりっぷり感と溢れ出すほどの肉汁を堪能できるのです。

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」のおすすめの食べ方

View this post on Instagram

. お疲れ様です✨ 今日はインスタで見て美味しそー🤤 と、思った#こだわり生フランク . 家族全員 美味しい~♪とのこと👌 1歳児の末っ子もコレは バクバク食べるとゆう驚き🤤← w . で、 今日の晩ごはんmenuは💁♪ *ミルフィーユ鍋 *アカセンと結びコンニャクの煮物 *こだわり生フランク ハーブ入り *アボカドとキュウリのシーザーサラダ *えのきと人参と豆腐の味噌汁 *ストロングチューハイ . #おうちごはん#おうちごはんラバー#豊かな食卓#晩ごはん#晩酌#宅飲み#家飲み#家飲みごはん#生フランク#ハーブ#ミルフィーユ鍋#アボカド#ザチクラウミベースキャンプ#ベースキャンプ秋ごはん#陶器の日フォトコンテスト#スレートプレート#おうち居酒屋#japanfood#japanesefood#instafood#iegohanphoto#foodstagram#foodpic#和食#簡単ごはん#業務スーパー#料理上手になりたい#まいごはん

A post shared by 麻衣 (@maiii_cooking) on

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」は、調理方法によって異なる美味しさを楽しめます。そこで、業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」のおすすめの食べ方3選をご紹介しましょう。

ボイル

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」で最もおすすめな食べ方はボイルです。ドイツでは生フランクを購入し、各家庭でボイルして食べるのが一般的となっています。ボイルをすると業務スーパーの生フランクそのものの味や香りをダイレクトに楽しめるので、ぜひ味わってみましょう。
業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」をボイルする前には解凍が必要です。美味しい肉汁の流出を防ぐため、冷蔵庫で約3時間かけてゆっくり解凍させて1本ずつ切り離しておきましょう。業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」をボイルする手順は2つです。
手順1は加熱です。鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、弱火にしてから業務スーパーの生フランクを入れます。その際強火でグラグラボイルすると、生フランクが破裂してジューシーな肉汁が流れ出てしまうことがあるため、80℃ほどのお湯でゆっくりボイルするようにしましょう。
手順2は約15分加熱です。弱火で15分を目安にボイルし、中まで火が通れば完成です。ふっくらとよりボリュームがアップした業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」はそのまま食べても絶品ですが、お好みのソースをディップするとまた違った美味しさに変わります。

焼く

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」は、焼いて食べるのもおすすめです。焼くことで肉の旨味や風味が凝縮され、まるでお肉の塊を食べているようなジューシーさと食感を味わえます。
ただ少しコツがいるので、何度か試しながら好みの焼き加減を見つけましょう。業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」を焼く手順は2つです。
View this post on Instagram

業務スーパーで売っている生フランクソーセージ。 1キロ入って698円は安い。 実際には冷凍で売られてるので解凍は必要です。 解凍したら15分ほどボイルして、仕上げにフライパンで焼いて完成。 表面はパリッと、中はジューシーになります。 ハーブ入りなので味付け要らずで美味い! しかもボリューム満点なので、2、3本でもう満腹になるレベルw ガッツリなら間違いなくオススメです。 #業務スーパー #ウィンナー #ソーセージ #ハーブ #ハーブ入り #フランクフルト #フランク #おつまみ #ガッツリ #肉 #肉食系男子 #食べ過ぎ #胃もたれ #また食べたくなる #生フランク

A post shared by ぐっさん (@gussan1280) on

手順1は弱火で加熱です。フライパンに薄く油をひき、弱火の状態で解凍した業務スーパーの生フランクを転がしながら焼いていきます。その際中火や強火にすると、皮が焦げ付いて破れやすくなるので火加減に注意しましょう。
手順2は蒸し焼きです。業務スーパーの生フランクの表面が白くなったらフタをして蒸し焼きにし、焼け具合を見ながら何度か裏表を返しましょう。焼き上がりの目安は、業務スーパーの生フランクから脂がジュウジュウ出てくる1歩手前です。

ポトフ

業務スーパーのソーセージ「生フランク ハーブ入り」の外せないおすすめの食べ方は、絶品ポトフです。
鍋に水とコンソメの素、大きめにざっくりカットした野菜を入れて強火にかけ、沸騰したら凍ったままの業務スーパーの生フランクを加えて弱火に落とします。約20煮込み、具材に火が通れば完成です。
弱火でコトコト煮込むことで業務スーパーの生フランクの旨味やコクがスープに溶け出し、野菜にも染み渡ります。ボリュームも栄養も、そして美味しさも満点の一皿に思わず笑みがこぼれるでしょう。

業務スーパーのソーセージ・生フランクはマスト買い!

業務スーパーのソーセージ「生フランク」はパリッとした食感に、旨味の詰まったジューシーな肉汁が絶品の本場ドイツの味です。さらに1本100gのボリュームサイズでありながら約70円という激安価格なので、業務スーパーではトップクラスのコスパ抜群の商品と言えるでしょう。
業務スーパーのソーセージ「生フランク」はメインおかずやおつまみからパーティーメニューまで、様々なシーンにおすすめのマスト買いアイテムです!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2020】コストコで買いたいおすすめ商品15選!お得…
    chanyama
  2. 2【2020】東京近郊のひまわり畑7選!インスタ映えの絶…
    yu_06
  3. 3【2020年】京都のかき氷おすすめ14選!ふわふわ絶品…
    sae728
  4. 4【8月最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)のお得…
    chanyama
  5. 5【2020最新版】業務スーパーのおすすめ人気商品13選…
    chanyama