昭和の下町へタイムスリップ!「新横浜ラーメン博物館」で全国各地の絶品ラーメン巡り

春が近づいているはずなのに、まだまだ寒い!寒いとラーメンが食べたくなる冬太り継続中のところ、今こそ!と思い、「新横浜ラーメン博物館」へ行ってきました。新横浜駅に降り立ち、徒歩5分。オフィス街に現れるラーメンの看板。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

新横浜から徒歩5分!

新横浜駅に降り立ち、徒歩5分。オフィス街に現れるラーメンの看板。
地図を頼りに向かわないと見つけられないレベルのひっそり感でしたが、海外の方々が吸い込まれていくのを見て、どうにかたどり着けました!
入口で入場券(大人310円、小人100円、シニア100円)を購入し、いざラーメン博物館へ。

ラーメン店が並ぶのは地下街!?

入口から入ってすぐの1階スペースはお土産売り場になっていますので、ラーメン店が並ぶ地下へ階段を降ります。
階段を下るにつれて、お化け屋敷を進んでいるような錯覚に陥る看板などがあります!
そこを通り過ぎてもっと下へ向かうと、いきなり昭和風景が広がります。
昭和の街並みの中に、ラーメン店が立ち並ぶ空間。ちょっと不思議です。
この日は土曜ということもあり、行列ができていました。。。 が、ありがたいことに、ラーメン博物館のサイトトップに“待ち時間”を随時表示してくれるサービスがありますので、今空いているのはどこ!?と探してお店に並びます。

1軒目:熊本ラーメン“こむらさき”

とんこつラーメンが食べたかったので、まずはB2Fに位置する“こむらさき”へ。店内が意外に広く、15分程並んだだけで入れました! ラーメンの他に餃子やデザートもあり、普通のラーメン屋さんと変わらない営業スタイルのようですが、健康志向の方におすすめの「グルテンフリーラーメン」なるものもありました。
注文したのは「ミニとんこつラーメン(570円)」。(この日は3杯食べる目標だったので“ミニ”一択で)
箸袋のくまモンがかわいいw こちらのラーメンは、とんこつなのにあっさりとしたスープで、にんにくチップがいいアクセントになっていました!そして、大好きな細麺!!
この時点では、4杯くらい食べられるんじゃないかと余裕ぶっていました。。。

2軒目:旨味凝縮“支那そばや”

Theラーメンを求めて、ラーメンの鬼「佐野 実」さんのお店“支那そばや”へ。ラーメンにそこまで詳しくない私でも知っていた佐野さん!こちらのお店はB1Fの階段近くにあります。 スープは、醤油、塩、冬限定の味噌があり、“The”な感じを求めていたのと、チャーシュー食べたい欲により「ミニ醤油らぁ麺チャーシュー(870円)」を注文。
予想外に濃厚!醤油といったらあっさりしてそうですが、こくがありました。こちらも大好きな細麺!チャーシューがトロトロ。 そして、器がスタイリッシュ!!
ミニとは言えチャーシューを欲張ったせいか、2杯目でお腹がいっぱいに。。。

休憩タイム! 駄菓子屋“夕焼け商店”

もう一杯は食べたかったので、休憩がてらB1Fにある駄菓子屋“夕焼け商店”へ。「さくら大根」「きなこ棒」「すっぱいレモンにご用心」など懐かしい駄菓子がたくさんが並んでいました!
店頭には休日限定のミニあげぱん(100円)、アイス、ラムネ、くじなども売っていて、小休憩に最適な空間でした。駄菓子屋さんに大人になってから行くと、幼い頃の思い出や、駄菓子エピソードが止まらなくなりますよね。
休憩を終えたところで、いよいよ最後のお目当ての店へ!

3軒目:北海道の銘店“すみれ”

最後のお店は、B1Fに位置する超有名店“すみれ”。このときサイトに表示されていた待ち時間は、なんと45分。お腹に空きを作るにはちょうどいいかなぁと思い、迷わず並びましたw
B1Fのお店の場合は通路に並ぶため、昭和の街並みが再現された空間をじっくり楽しめます。
券売機にたどり着いたら、あとは10分ほどで中に入れます。
こちらのお店では味噌ラーメンが有名なので、もちろん“ミニ味噌ラーメン”を注文。
にんにくが飛び出していますがw 味噌ラーメンは、実家の近くにある慣れ親しんだお店のようなホッとする味でした。ニンニクや生姜が効いた、ぽかぽかしてくる熱々スープと、コシのある太麺!味が濃厚だとお腹がいっぱいでも意外に完食できたりしますよね?
さすがに、お腹が限界w

未来へ戻ってお土産物色

階段を上って未来に戻りますw
1Fのお土産屋さんでは、過去のラーメン店も含め、出店されているラーメン店の1食分が箱詰めされたラーメンを購入することができます。パッケージがお土産として喜ばれそうなかわいいデザインになっていました!
この日はお休みでしたが、自分で麺の種類とスープを選んで箱詰めし、撮影した写真をパッケージにしてもらえるサービスもしているようです。旅行で来られた方などにとっては、記念になりますね!
全国、海外から厳選されたラーメン店が集まるフードテーマパーク。暴食覚悟でおいしいラーメンと、昭和の街並みを楽しみに「新横浜ラーメン博物館」に行ってみてはいかがですか?
利尻らーめん味楽 新横浜ラーメン博物館店 (りしりらーめんみらく)
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2020】コストコで買いたいおすすめ商品15選!お得…
    chanyama
  2. 2【2020】東京近郊のひまわり畑7選!インスタ映えの絶…
    yu_06
  3. 3【8月最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)のお得…
    chanyama
  4. 4【2020最新版】業務スーパーのおすすめ人気商品13選…
    chanyama
  5. 5【2020年】京都のかき氷おすすめ14選!ふわふわ絶品…
    sae728