いよいよドイツに出店!大宮の「すし堺」へランチに行って来ました

寿司激戦地・大宮で評判の「すし堺」、浦和の「すし二乃宮」、イタリアンの「MARE di SAKAI」を運営する株式会社ライズがヨーロッパ進出とのうわさを聞きつけ、話を聞いてきました。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

「日本のすしを世界に伝えたい」との夢を叶えて

今年8月、ドイツのフランクフルトに、すしレストラン「THE SAKAI」を出店した、代表の堺博さん。
和食文化が根付いていないドイツで、“日本の本当のすし”を提供したいとの思いから代表の堺さん自らが渡独しているのだとか。
「こんなすしは初めて食べた」などと好評だそうです。
2018年9月から、和カフェイメージのカジュアルなすし店「SAKURA」も運営。
「今後はヨーロッパ全体にも展開」「外国人のすし職人も育てたい」と堺さんの夢は膨らむばかりのようです。

大宮駅西口「すし堺」へ

ドイツまで行ってみたいのはやまやまですが、やはりそれは難しい。ということで、大宮駅西口の「すし堺」でランチを楽しんできました。
きりっとして、それでいてあたたかな雰囲気
職人さんの手元までも目の前で見られるカウンターに案内されました。
「すし堺」のカウンターは客と職人の距離がとっても近く感じられます。
ネタの入っているショーケースが邪魔しないので、職人の手元までよく見える!
「お好み握り」を頼めば、ランチタイムでもカウンターであれば一貫一貫にぎってくれるようですよ。
ランチタイムでも騒がしくなく、きちんと接客してくれて居心地の良いひと時でした。

ランチのメニューの一部をご紹介

美しい丼は、目にも満足な一品です。
しゃりが大きすぎない、女性にも食べやすい上品な握り。
ほかには…
お任せにぎり「なぎさ」(小鉢、お椀つき)973円
まぐろ丼(小鉢、お椀つき)991円
ねぎとろ穴子丼(小鉢、お椀つき)991円
旬のおまかせにぎり(サラダ、お椀つき)1991円
など。
2階には個室テーブル席のほか、カウンターもあるのだとか。
大宮駅近くと便利な立地なのに、高級感があり落ち着いた雰囲気が味わえるので、特別な集まりにもよさそうです。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1ラグジュアリーカードは年会費以上にサービスが充実してい…
    aumo編集部
  2. 2【花粉症対策】鼻水がツラいあなたに…。オススメしたい家…
    aumo編集部
  3. 3【割引あり!】「Pledge Make Style」の…
    aumo Partner
  4. 4楽天プレミアムカードの特典とは?通販や旅行好きならメリ…
    overflow
  5. 5【話題サイト】プチプリモールであなたの欲しいものをお得…
    aumo Partner